SDK&ハッシュ認証

安全な、コンパイル後の安全な、そしてハッシングによる検証が、不正なインストールイベント、イベントの再生、そしてリハッシングを、単一のインストールまたはイベントの記録前にブロックします。

保護対策

サーバーベースの不正クリックおよびインストール
中間者攻撃
レッドブロードキャストポストバック

サイトIDおよびIPのブラックリスト化

積極的に不正クリックまたはインストールを実行しているIPアドレスとサイトIDを特定してブロックします。

保護対策

サーバーベースのシミュレーターによる不正クリックおよびインストール
積極的に不正を行うサブパブリッシャー

DeviceRankTM

DeviceRankにより提供。不正だとわかっているデバイスによるクリック、インストール、収益アトリビューションをブロックします。

保護対策

デバイスファームによる不正クリックおよびインストール
判明している悪徳行為者。サイトIDとIPブラックリストにより通知します。

Free Your Business From Mobile Fraud

Book a Protect360 Consultation Today
Start Now

CTIT、コンバージョン、マルチタッチ解析

クリックからインストールまでの時間、クリックからインストールまでのコンバージョン率とマルチタッチコントリビューション率を分析して、パブリッシャーおよびサブパブリッシャーレベルで、異常なディストリビューションの動向を特定して対処します。

インストールおよびレシート検証

App Store/Google Playで、インストール (iOS) と収益トランザクション (iOSとAndroid) を検証。

保護対策

不正インストール
不正アプリエンゲージメント
不正収益イベント

検証ルール (ベータ)

この独自機能により、マーケターは不正データを含む各種パラメーターの数に基づいてインストールのアトリビューションが行われるべきではない場合の条件を定義できるようになります。設定には、特定のDeviceRank評価とCTITしきい値を伴う、インストールの構成またはスケールが含まれます。すべての設定でネットワークに対する透明性を確保できます。

ライブアラート

特定のイベントまたはしきい値が満たされた場合に、メール、Slack、またはAppsFlyerモバイルアプリでチーム内の適切なメンバーに通知します。「新しいデバイス」が、DeviceRankTMの評価に基いて、大量発生または集中していると判断された場合が該当します。

保護対策

不正クリックおよびインストールの新たなソース

機械学習

機械学習は、新しい不正ソースをすばやく検出して誤検出を削除しながら、サブパブリッシャーによる不正のブラックリスト登録やDeviceRank評価を含む、プラットフォーム全体に対する各新規エンゲージメントの継続的な更新を行います。さらに、内部の不正行為分析を促進するために、異常な動向を警告します。

保護対策

不正の新たなソースを防ぎ、新しいタイプの不正に対するプラットフォームプロテクションを迅速化します。

高度な不正レポート

すべての不正行為と不正防止によるコスト削減の詳細なレポート。検証ルールライブアラートだけでなく、不正行為とベンチマーク専用の管理画面を使用することで、マーケターが自社の最も脆弱な部分を特定して問題を深く洞察し、ネットワークパートナーと協力して改善措置を取ることができます。

マーケターには、連携済みパートナー向けの、拒否されたインストールポストバックとローデータのログに加え、不正レポートの透明性を有効にし、アドネットワークパートナーに対してそのトラフィックに関する完全な不正分析に対するアクセスを許可するオプションが与えられます。これによってアドネットワークは、質の高い合法的なトラフィックを配信していることを確認でき、不正請求に関する調整交渉などの頭痛の種を防げます。

保護対策

不正インストールおよびクリックの新たなソース
時間のかかる調整交渉