MAMA Cafe

Where App Marketers Go to Learn

Larissa Klitzke Jan 31, 2019

AppsFlyerとAmazon Fire TVの統合で高度なアトリビューションを実現

デジタルエコシステムをあらゆる角度から測定するという当社の継続的な使命の一環として、先日、 AppsFlyerとAmazon Fire TVの統合を発表いたしました。2018年第4四半期の数ヶ月間、一部の広告主様と連携して行ったベータテストを経て、今回、Fire TVアプリ所有者向けに公開されるこの統合についてより詳細な情報を紹介いたします。 アマゾンは、OTT(オーバー・ザ・トップ)テレビ市場で大躍進し、最近では毎月3,000万人のアクティブユーザーを発表しています。この数字は、世界第1位のOTTストリーミングデバイスであるRokuを超える数字ではないかとCNETは報じています。eMarketerによると、Fire TVの急成長は米国のコネクテッドTV(CTV)市場全体の伸びと一致しており、昨年は55.5%増加して、人口の55%を占めるに至っています。 これは、テレビパブリッシャーが新しいプラットフォームへ進出する絶好の機会です。Fire TVはAndroid OSを基盤としているため、TVアプリをAndroidからFire TVに移行するプロセスは比較的シームレスです。オーガニックな拡大に加えて、Fire TVでの広告機会は、高度なターゲティングおよびネイティブディスプレイ広告フォーマットという形で新たな効率化をもたらします。 Amazonでの広告 テレビは長いあいだ認知チャネルとして活用され、これはインストリーム動画広告の形でFire TVで再現されています。ただし、Fire TVは単なる動画を超えてクリック可能な広告フォーマットが利用できることから、ファネルの中低位にある広告にも適した選択肢として位置付けられています。Fire TVには、ホーム画面に表示される「インライン広告プレースメント」など、さまざまなプレースメントのオプションがあります。こうした広告はクリック可能でネイティブ形式で提供されているため、動画広告よりもはるかに低いeCPIになります。 Fire TVでのダイレクト広告に加えて、マーケターは、モバイルおよびウェブのライフサイクル広告にAmazon DSPを活用することで、クロススクリーンのリーチを拡大することもできます。 Amazon Fire TVとAppsFlyerの統合を有効にする...
Read More
1 Min. Read 0 Reads

オーディエンス最適化が注目される理由は?

Danielle Nissan | Jan 28, 2019
Read More
1 Min. Read 68 Reads

CTVおよびOTT測定について掘り下げる

Larissa Klitzke | Jan 23, 2019
Read More
1 Min. Read 0 Reads

アドバンスドTVの概要: OTT市場の主なトレンド

Larissa Klitzke | Jan 17, 2019
Read More
1 Min. Read 73 Reads
2018年アプリマーケティングのデータトレンド

2018年AppsFlyerトップ5のデータトレンドと2019年の展望

Shani Rosenfelder | Jan 07, 2019
Read More
1 Min. Read 71 Reads
リターゲティング

DCOの差別化要因 – リターゲティングクリエイティブでROIを高める方法

Andrew Hunter Whiteside (Guest Author) | Dec 11, 2018
Read More
1 Min. Read 46 Reads

「ゲームアプリに関するマーケティングレポート 2018」

Shani Rosenfelder | Dec 03, 2018
Read More
1 Min. Read 0 Reads
§