MAMA Cafe

Where App Marketers Go to Learn

Jillian GogelMar 26, 2019

CTR、CTI、IPM:インストール・コンバージョンへの道 [ゲームジャンルごとのベンチマーク]

ここ数年、インストール後のユーザージャーニーについて随分話し合われてきました — 具体的には、ユーザーのインストール後とインストール前の行動をつなげ、将来のマーケティング活動を最適化する必要性についてでした。ユーザーの「量」よりも「価値」を重視するこの焦点が、マーケティングの収益性において最もミッションクリティカルであることは、広く同意されています。 インストール後アナリティクスに加え、クリエイティブの最適化やアプリストア最適化(ASO)、ターゲティング、入札管理に情報を与える重要なインサイトを提供するインストール前データを厳密にモニターすることも大切です。 異なるKPIとその意味についてふれる前に、今回の調査から出てきたいくつかの注目すべきポイントを見てみましょう(国別のゲーム分野のベンチマークは、本投稿の下部をご参照ください): 米国では、地域別に見たクリック率(CTR)が最も高いジャンルは、「音楽」「アーケード」「ソーシャルカジノ」および「シミュレーション」です。他のジャンルは比較すると平均してこれらのジャンルの2分の1以下になります。 ミッドコアジャンルにおいては、インプレッション・ツー・インストール (IPM) 率が中央値より60%高い中国が群を抜いてトップでした。 全3種のインストール前コンバージョン率を見ると、カジュアルジャンルにおいてはベトナムの平均中央値が最高で、IPMは63%、CTRは35%、そしてクリック・ツー・インストール (CTI) は27%高い数値となりました。   インストール・コンバージョン率とその重要性 様々なモバイルマーケティングKPIが存在する中、インストール前コンバージョン率は、コンバージョンファネルを通じてインストールに至ったユーザー数の追跡に使用されます。インストールがマーケティング活動において真の「最終地点」ではないが、ユーザがアプリを実際にダウンロードし、時間をかけて注意を向ける、もしくはリソースを投資する必要があることから、重要なマイルストーンであることに変わりはありません。 この重要性を理解した上で、極めて広義にではあるが、インストール前コンバージョン率を割り出すには、何を測定するかに応じて広告クリックまたは広告表示の合計数でインストール数を割ります。これらの指標は、それぞれクリック・ツー・インストール率 (CTI) およびインプレッション・ツー・インストール率 (IPM) と呼ばれます。 過去にモバイルマーケターは、多数のインストールを達成するためにインストール前コンバージョン率に大きく依存していました。当時、有料のインストール率が高いことは、意向の高いオーガニックユーザー数が多いことを意味したことから、このようなコンバージョンの目標はつじつまの合うものでした。一方で前述しているとおり、焦点はインストール後のファネルのKPIへと移行しました。これは正当なことですが、旧来の指標が未だに重要であることには変わりません。 それでは、それぞれの指標を見てみましょう。  ...
Read More
1 Min. Read52Reads

データ分析を次のレベルへ

Minnie Katzen Mayer| Feb 27, 2019
Read More
1 Min. Read0Reads

OTTメディアの購入およびテスト戦略 

Larissa Klitzke| Feb 05, 2019
Read More
1 Min. Read71Reads

オーディエンス最適化が注目される理由は?

Danielle Nissan| Jan 28, 2019
Read More
1 Min. Read68Reads

CTVおよびOTT測定について掘り下げる

Larissa Klitzke| Jan 23, 2019
Read More
1 Min. Read0Reads

アドバンスドTVの概要: OTT市場の主なトレンド

Larissa Klitzke| Jan 17, 2019
Read More
1 Min. Read73Reads
§