< 1 Min. Read

2016年ホリデーシーズンに向けた9つの実用的なインサイト

Avatar Shani Rosenfelder Oct 13, 2016

2016年のホリデーシーズンを間近に控えた今、アプリマーケティングのプライムタイムが動き出しています。マーケターが第4四半期のピーク期を最良の状態で迎えられるよう、「App Marketing Best Practices for the 2016 Holiday Season2016年ホリデーシーズンにおけるアプリマーケティングのベストプラクティス」というレポートをご用意しました。ここでは2015年第4四半期のデータ分析を通じて、2016年第4四半期のショッピングアプリとゲームアプリの両方におけるスマートな意思決定に役立てることができます。

では、ショッピングアプリのマーケターが2016年第4四半期を最大限に活用するにはどうしたらいいでしょうか。以下のヒントを参考にしてください。

  1. 米国で最も重要なのは11月末までのピーク期である。 10月と11月の高いインストールアクティビティは、感謝祭、ブラック・フライデー、サイバー・マンデーにピークを迎えます。この時期に米国
  2. クリスマスはアプリ購入のピークではない。配達事情、休暇の準備、さらに11月末の週末にショッピングが最盛期を迎えることを考えると、ほとんどの顧客は (駆け込みを除けば) クリスマスまでの時期にショッピングをする可能性は低いと言えます。
  3. より長いリードタイム → より多くのデータ → より優れたエンゲージメント。 11月末のピーク期に備えることが最も重要になります。アプリの新規ユーザーを誘導できるリードタイムをより長く取ることができれば、ユーザーのことをより深く知ることができます。これにより、エンゲージメントを最も重視するのであれば、エンゲージメント活動をより効果的に行うことができます。
  4. ピーク期間は全チャネルをフル活用してエンゲージメントを促進。11月末に購入がピークを迎えるということは、有料リターゲティング、プッシュ通知、メールキャンペーンなどを介して、エンゲージメントチャネル全体で積極的に活動する必要があることを意味します。ショッピングに忙しいユーザーは積極的なアプローチをも受け入れる可能性が高くなります。
  5. 重要な時期こそROIを常にチェック。 ピーク期はUAとリターゲティングのコストが高い需要を反映すると思われがちですが、収益の方が高ければ、高いコストは問題ではないことを覚えておく必要があります (特に収益がすぐに上げられる場合は尚更です)。ピーク期の週末中はメディアコストを常にチェックして収益を計測し、最大限に効果が上がっていることを確認してください。
  6. AndroidとiOSは別物なので、それぞれプランを立てる。 Androidの非オーガニックインストールはサイバー・マンデーにピークを迎え、高いアクティビティを維持したまま翌週まで続きます。iOSの場合、ブラック・フライデーにピークに突入しますが、期間は2週間に限られます。
  7. メディアを多角化することで収益を最大化する。配信メディアのオプションが多いほど、継続中のデータ駆動型の最適化の余地が大きくなり、支払うコストを最小限に抑えながら、最大限の利益を上げることができます。リーチを最大化して、より大規模なユーザーベースにアプローチすることで、コンバージョン率を高く保つのにつながり、関連性の高い新規ユーザーに対応する機会が最大限に広がります(コンバージョン率に影響が出ないように、メディアパートナーが的確なターゲティングを提供できることを確認してください)。
  8. iOSの新型スマートフォン投入を活用する。年末までに多数の新規ユーザーが新しいiPhoneにアプリをインストールしていることを目標にします。
  9. iOSでは非オーガニックインストールの後にオーガニックインストールが続く。 iOSのアプリマーケターは、広告費を減らしたとしても、第4四半期の堅実なオーガニックインストール数から利益を得ることができます。それに対して、Androidのオーガニックインストールと非オーガニックインストールは並行して伸びていくため、iOSに対する初期投資に比重を置く方が、四半期の後半の利益につながる可能性が高くなります。

iOSとAndroidにまたがるショッピングとゲームの分野における購入、インストール、コンバージョン比率のデータを含む完全なデータをご希望の場合は、レポート全文をダウンロードしてください。

cta-box-blog-holiday-season-jp