< 1 Min. Read

Googleビュースルーアトリビューションをついに正式公開

Lior Goldin Lior Goldin Aug 24, 2018

何か月にも及ぶGoogleとのコラボレーション計画期間を経て、正式にAppsFlyer管理画面でGoogleビュースルーアトリビューションが利用可能・測定できるようになりました。この新機能により、クリックベースとビュースルー(インプレッションベース)の両方でGoogle Adwordsキャンペーンを追跡、計測、カスタマイズできるようになりました。 ビュースルーアトリビューションは、トップ(ToFu)とミドルファネル(MoFu)を徹底的に分析して、AdWordsキャンペーンの成果の全体像をとらえることができます。

 Google AdWordsキャンペーンを活用していますか?ビュースルーアトリビューションを有効にし、ルックバック期間をカスタマイズすれば、準備完了です!

我々はモバイル業界の進化と共に、アンインストールデータやポストバックの自動化、そしてモバイルオーディエンスに至る、無数の手がかりを分析する方法を学んできました。この数年間でマーケターは、新たなモバイルアトリビューションテクノロジーを導入し、カスタマージャーニーや収益への影響を分析・改善してきました。

今回のアップデートではレポートの管理画面が改善され、パフォーマンスデータをビュースルーとクリックベースのアトリビューションでセグメント化することが可能になりました。AppsFlyerの詳細なレポートと管理画面を利用して、広告インプレッションがカスタマージャーニーにもたらす影響カを測定することで、マーケターはパフォーマンスを最適化、ビジネスニーズに合わせアトリビューションを簡単にカスタマイズできます。

AppsFlyerがご提供するGoogleビュースルーアトリビューションの詳細は、担当のサクセスマネージャーまでお問い合わせいただくか、AppsFlyerのデモをご予約ください。