< 1 Min. Read

「AppsFlyer」と「Criteo」が連携開始、モバイルアプリのリターゲティング広告の公平なアトリビューションを提供

Avatar Keiko Berman May 27, 2015

AppsFlyerは本日Criteoの『Mobile Partner Program』の公式パートナーとして認定されましたことを発表致します。Criteo社が世界中に抱える7,000社以上の広告主様は、今回の連携によりAppsFlyerの公平で独立したアナリティクスツール及びアトリビューションツールを使用できるようになります。CriteoのMobile Partner Programに参加することで、Criteo社のクライアントはAppsFlyerを活用して、アプリ広告やリターゲティングソリューションのパフォーマンスを最大化するために必要なデータを収集、共有することが可能になります。

「サイズ、スケール、デジタル広告の革新に対するコミットメントを取っても、Criteoは明らかに業界をリードする存在であり、AppsFlyerはCriteoのエコシステム内でこのような重要な役割を果たせることを光栄に思っています」、とAppsFlyer最高経営責任者(CEO)のオーレン・カニエルは述べています。 「私たちの目標は、常によりスマートでより効果的な広告キャンペーンを実施するために必要なツールをアプリのマーケティング担当者に提供することであり、Criteoをご利用のお客様がROIとユーザー生涯価値を最大化するお手伝いができることを楽しみにしています。」

今回の提携により、Criteoの広告主がAppsFlyerプラットフォームを迅速かつシームレスに導入し、キャンペーンの投資収益率(ROI)、顧客生涯価値(LTV)、リテンションレポート、アトリビューション分析、コホート分析、リターゲティング・アトリビューション、テレビコマーシャルの効果測定、スマートなディープリンク機能『OneLink』などを含む、アプリ内の測定や広告分析ツールへすぐにアクセスできるようになります。SDKの更新やAPI連携は必要なく、広告主様はほんの数分でこれらの機能を利用することができます。

AppsFlyerとCriteoは、現在AD-Xをご利用の広告主様がAppsFlyerプラットフォームへ簡単に移行できるよう支援させていただきます。 AppsFlyerでは、3ヶ月間の無料トラッキングおよび専用アカウントマネージャのサポート含む、特別な移行プログラム(詳細はこちら)をご用意しました。AppsFlyerで広告効果の測定を始めるには、Criteoの担当者にお問い合わせいただくか、AppsFlyer(http://afglobal.wpengine.com)からお問合せください。