1 Min. Read

AppsFlyerが、Adobe Experience Platform Launch向けに初めてのモバイルアトリビューション拡張機能をリリース

Avatar Larissa Klitzke Nov 28, 2018

Adobeエクスチェンジパートナープログラムのプレミアパートナーシップに基づいた、Adobe Experience Platform Launch向けAppsFlyer拡張機能のリリースを発表いたします。この初めて市場に登場したモバイル向けExperience Platform Launch用拡張機能により、Adobe Experience Cloudの利用者は、わずか数クリックでAppsFlyer SDK、AppsFlyerのテクノロジーをより迅速かつ簡単にアプリに実装できます。

Experience Platform Launchは、エンタープライズ対応の次世代WebサイトタグおよびモバイルSDK管理プラットフォームです。利用者は、関連する指標や体験を測定するために必要な分析、マーケティング、広告の連携をすべて簡単にセットアップおよび管理することができます。

この総合的なソリューションは、AppsFlyerとAdobeの利用者が、AppsFlyerのユニバーサルなディープリンクソリューション、不正防止技術、およびリアルタイムのコストや投資収益率(ROI)レポートなどのより深いモバイルマーケティング分析などを活用して、モバイルコンバージョンを最適化することを可能にします。Adobe Experience Platform Launch向けのAppsFlyer拡張機能により、既存の顧客がわずか数クリックでこうした機能すべてを簡単に活用できるようになります。

*AppsFlyerのモバイルSDK拡張機能の使用方法については、次のアドレスにアクセスしてください: https://aep-sdks.gitbook.io/docs/getting-started/create-a-mobile-property

技術的な観点から言うと、この連携によってAppsFlyerのモバイル獲得とリエンゲージメントキャンペーンのデータが、Adobe Experience Cloudのさまざまな要素に提供されます。このデータはAdobeの訪問者IDに関連付けられており、次の主要な連携を通じて、モバイル、デスクトップ、テレビ、オフラインの各チャネルにわたるエンドツーエンドのカスタマージャーニーの全体像が把握できます。

より迅速で簡単なSDK設定でエコシステムをアンロック
Adobe Experience Platform Launch向けAppsFlyer拡張機能は、SDKの設定を効率化し、わずか数分でAppsFlyerテクノロジーを有効にできます。AppsFlyerは、Adobe Advertising Cloudおよび4,000以上のトップメディアソースに連携されているので、新たなメディアパートナーのSDKを追加する手間がありません。
粒度の細かいセグメンテーションでクロスデバイスターゲティングを最適化
広告エンゲージメント、(アン)インストール、収益、カスタムアプリ内イベントパラメータ、デバイスタイプ/バージョン、アプリバージョン、地域などに基づいて、カスタムのモバイルオーディエンス/セグメントをAppsFlyerからインポートしてAdobe Audience Managerセグメントを拡張し、絞り込みます。
プラットフォーム間でのユーザー体験を向上
Adobe Campaignとの連携により、可能なすべてのデバイス、OS、チャネル、プラットフォームをシームレスに検出して最適なWebページまたはアプリページにユーザーを誘導するユニバーサルなディープリンクで、コンバージョンとエンゲージメントを向上させます。毎回、無駄なクリックのない、ベストなコンバージョン経路といえます。
クロスデバイス測定の連携と拡大
Adobe Analyticsとの連携により、リアルタイムの不正防止、コスト、ROI、連続したマルチタッチおよびリエンゲージメントアトリビューションデータを含む追加のモバイルデータが提供され、Adobe Analyticsのフルパワーを活用して分析できます。

「Adobeとの連携により、マーケターは総合的なマルチタッチ測定が可能になり、顧客のライフサイクル全体でROIを最大化するための実用的な洞察が提供されます」と、AppsFlyerマーケティングクラウドパートナーシップ責任者のVincent Lowは述べます。

Adobeエクスチェンジパートナープログラムのプレミアパートナーとして関係を強化することで、この共同による革新と優れたサービスレベルという成果を皆様にも提供できます。

「Adobe Experience CloudとAppsFlyerを組み合わせることで、両者の顧客は、クロスチャネルのマーケティング、分析、広告、コマースの展開からより多くを獲得し、モバイルアプリのマーケティングや分析のためのより強力な機能を提供することができます」と、Adobeのプラットフォームパートナーおよび戦略責任者である、Cody Crnkovich氏は述べています。

Adobeおよび両社の顧客からのフィードバックを引き続き集めていく中で、皆様からフィードバックをいただき、本拡張機能やAdobeエコシステム全体のその他の連携の改善を進めていきたいと考えています。

AppsFlyerおよび弊社とAdobeの連携の詳細については、貴社担当のカスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせいただくか、AppsFlyerのデモを今すぐご予約ください