1 Min. Read

アトリビューションはなぜ消費者にとって重要なのか

Oren Kaniel Oren Kaniel Aug 03, 2020

長年にわたり、マーケターやアプリ開発者は、アトリビューションがアプリビジネスを運営する上でミッションクリティカルであることを学んできました。来るべきiOS14の変更はエコシステムのすべての人に影響を与えるため、アトリビューションがアプリの消費者にもどのように影響するかを説明したいと思います。

2011年にAppsFlyerが設立されて以来、利益相反が消費者とエコシステム全体の両方に悪影響を及ぼすことを目の当たりにしてきました。そのため、私たちは当初から中立的で偏りのない存在であることを選び、アプリエコノミーにおけるマーケターやアプリ開発者のために、中立的で公平な観点からベストなソフトウェアを構築してきました。結果として、私たちのこのような独立したポジショニングは、このエコシステムに多くの信頼を生み出し、今日に至るまで、私たちの重要な原則とコミットメントの1つであり続けています。

私たちは常にお客様のお客様であるアプリのユーザーを中心に置いて、常にユーザーとその関心事を偏りなく表現できるよう努めています。

アトリビューションについて考えるとき、洗練されたマーケターやアプリ開発者に提供する価値をすぐに思い浮かべるかもしれません。しかし実際には、アトリビューションはエコシステム全体をより効率的にし、より良いユーザー体験を提供し、消費者のプライバシーを向上させるものでもあるのです。

では、消費者はアトリビューションからどのように利益を得ているのでしょうか?これは4つの重要な領域に分解することができます。

1. アトリビューションはユーザー体験を向上させる

2. アトリビューションは「トラッキング」ではない

3. 限定的なアトリビューション→限定的な収益化→限定的なイノベーション

4. アトリビューションは消費者のプライバシーを促進する

 

1. アトリビューションはユーザー体験を向上させる

測定できないものを改善することはできません。アトリビューションによって、消費者は提供されたものに価値を見いだしたか?ユーザー体験は良かったか?のような質問に、消費者に提供された真の価値を測定し、回答することができます。

関連性のある良い広告

アトリビューションがなければ、アプリ開発者は、自分たちの広告が消費者に付加価値を与えているのか、それとも迷惑をかけているのかを知ることができません。広告は迷惑なものである必要はなく、消費者が知らなかった素晴らしい製品を発見するための手段であり、そうあるべきなのです。さらに、適切なROI測定がなければ、アプリ開発者は広告費を正当化することができず、より多くの無関係な広告を生み出し、最終的にはユーザーの体験を損なうことになります。

摩擦のない旅(ジャーニー)

アトリビューションは、アプリがホームページだけではなく、アプリ内で消費者が望む場所に正確に消費者を送ることを可能にするコンテキストブリッジの役割を果たしています。アトリビューションを通じて、多くの開発者はディファードディープリンクを活用して、電子メール、ソーシャルメディアの投稿、友達紹介キャンペーン、ウェブサイトなどからアプリ内への旅(ジャーニー)にシームレスに接続することで、ユーザーの体験を大幅に向上させています。

例えば、モバイルのウェブブラウザで休暇のためのホテルの予約をするとしましょう。ウェブブラウザ上で予約の内容を入力した後、アプリのダウンロードとアプリへの移動の途中で入力したはずの予約内容が消えてしまった場合、あなたは無事に予約を完了することができるでしょうか。それは、サイトで探していた特定のページではなく、トップページにしか移動できないGoogle検索のようなものです私たちの誰もがそのような不快な体験はしたくないでしょう。

 

2. アトリビューションは「トラッキング」ではない

アトリビューションは、アプリ開発者が他のアプリ内に出稿している自社広告と自社のアプリとを関連づけることができます。アトリビューションは、広告が配信されている先のアプリのデータではなく、アプリ開発者が所有するクリエイティブやキャンペーンの詳細を測定します。さらに、ほとんどの場合、広告の出稿先の具体的なアプリは不明です。アトリビューションとは、非常にシンプルな質問に答えることです:消費者は私の有料メディア、獲得メディア、またはオウンドメディアに価値を見出したかどうか。

すべてのSDKが同じというわけではありません。AppsFlyerはCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント/顧客関係管理)に似たSaaSプラットフォームであり、アプリ開発者が消費者のデータを管理、分析、セキュリティを確保できるようにしています。AppsFlyer SDKは、開発者のテクノロジースタックの拡張機能として、また、AppsFlyerのクラウドベースソフトウェアへのインターフェースとして機能します。基本的にはサードパーティのソフトウェアですが、アプリ開発者のテクノロジースタックに不可欠なファーストパーティのソフトウェアとしての役割を果たします。

 

3. 限定的なアトリビューション→限定的な収益化→限定的なイノベーション

アプリ開発者は広告から数百億ドルの収益を得ています。この収益の流れは、消費者を喜ばせる新製品を改良・開発するためにエコシステムに再投資されるのですが、適切なアトリビューションがないと消滅の危機にさらされてしまいます。

きちんとしたアトリビューションができなければ、マーケティング担当者は広告費を正当化することができず、私たちが愛用する素晴らしい製品を作っているアプリ開発者に直接影響を与えてしまいます。

 

4. アトリビューションは消費者のプライバシーを促進する

関連性の高い広告で顧客を喜ばせるためには、本当にユーザープロファイルが必要でしょうか?簡単に言えば、「いいえ」です。

機械学習により、アドネットワークはテストを実行して結果を観察するだけで、押し付けがましいユーザープロファイルを構築することなく、表示する広告が消費者に価値を提供することを保証することができます。例えば、天気、時間、場所、センチメント、コホートなどのユーザーレベルのデータ以外のパラメータを組み込み、何がうまくいって何がうまくいかなかったかについて機械学習モデルをトレーニングすることができます。マーケティング、特にアプリ経済の中では、アトリビューションとはフィードバックループそのものです。

フィードバックループ、つまりアトリビューションは、ユーザーレベルのデータに基づいている必要はありません。ある程度のレベルで集約されたフィードバックで十分であり、これは消費者のプライバシーにとって大きな飛躍です。 フィードバックループを閉じ、消費者のプライバシーを向上させるためには、適切なアトリビューションが鍵となります。

 

結論

今後数日から数週間のうちに、エコシステムのイノベーションをサポートしながら、消費者のプライバシーと体験を中心に据えたiOS14対応のソリューションを発表していきます。

私たちは、消費者のプライバシーの維持や体験の向上など、消費者にとって正しいことをすることを常に正とし情熱を注いできました。AppsFlyerは消費者に直接サービスを提供する企業ではないのですが、これこそが私たちの究極の使命だと考えています。