< 1 Min. Read

12月のアップデート: CPI、ROI、リテンションレポート、ビュースルー、等々!

Avatar Naoya Otsubo Dec 16, 2015

モバイルアプリのマーケターはずっと長い間、究極のメトリクスを手にすることを夢見てきました。今日午前7時42分から(東部標準時)、AppsFlyerは多くのパートナーが実施しているキャンペーンROIのリアルタイムレポート提供を開始します。ついにマーケターの長年の夢が実現します。

  • CPIとROIのレポーティング
    ROIのレポーティングが完全に自動化されリアルタイムに実行されることになれば、キャンペーン成果の分析がずっと楽になります!モバイルアプリのマーケティングキャンペーンはこれまでより大きな効果をもたらし、メディア最適化によく見られる落とし穴も回避されます。

    以下の例では、LTVやARPUといった従来のメトリクスで判断する場合、マーケターはキャンペーンAに倍賭けし、キャンペーンBからは手を引くことでしょう。

ROIChartJp1

ところが、eCPIとROIのデータを加えてみると、実際にはキャンペーンCが最も高い利益率をあげていること、キャンペーンBもまずまず良い成績を示すことが分かりました。その一方で、キャンペーンAは、ARPUの数字は良いのに、純損失になることが判明したのです!

ROIChartJP2

 

自動ROIレポーティングは、単純でも、簡単に使えるわけでもありませんが、正しく使いこなせば、アプリマーケターとして従来の常識を打ち破ることができます。5ヶ月ほど前、AppsFlyerは世界で初めてFacebook向けの自動ROIレポーティング機能の提供を開始しました。現在のところ、この先進的なインテグレーションを実現しているのは当社のみで、世界中のアプリマーケターから驚くほど多くのフィードバックが寄せられています。この機能のリリース後、日をおかずに他の大手広告ネットワークから、AppsFlyerの管理画面でCPI、CPA、ROIのレポート機能を使ってキャンペーンの最終損益を導き出す方法を是非知りたい、という問い合わせを受けました。

AppsFlyerのお客様はすでに、キャンペーン毎に獲得コストとROIを管理画面で即座に確認することができます。CPIとROIのレポーティング機能は、以下をはじめとする多くのパートナー様でご利用いただけるようになっています:

Aarki、Affilinet、Amazon、AML、Appia、AppThis、Chartboost、ClickDealer、Curate、DGM、Directagents、Drawbridge、Exciteco、Facebook、Iconpeak、Inneractive、IronTraffic、LifeStreet、MdotM、Mobile10、MobilePlay、MotiveInteractive、Playhaven、Promolta、Rootmedia、TapComerce、Taptica、および Vungle。


このほか、AppsFlyerのトラッキングリンクに使用するコストパラメータも公開しました。これで、1,500社におよぶ当社のパートナー様はすべて自社コストデータのレポートを簡単に作成できるため、CPIとROIに基づく最適化が可能になりました。当社と既に連携済みのパートナー様でコスト・レポーティング機能の使用を希望されるお客様は、partners@appsflyer.comまでお問い合わせください。

  • リテンションレポートのアップデート
    リテンションレポートを使用すると、アクティブなユーザーを多く獲得しているキャンペーンblog-posts_Japanese_1やクリエイティブを特定でき、どうすればキャンペーンやクリエイティブの全体的なパフォーマンスを向上させることができるかを知ることができます。今回、業界最先端の当社のリテンションレポートの2つの要素がアップデートされ、その能力がさらにパワーアップしました。

    • インストールの日付でフィルタリングまたはグループ化するための新しいフィルターを追加しました。このフィルターは、最もロイヤリティの高いインストールが集中した日を簡単に知ることができる優れた手段となります。
    • リテンションレポートに出力するオーディエンスの最小数を設定できるようになりました。デフォルトの最小数は10ユーザーに設定されています。リテンションレポートにこのパラメータを設定するには、Filterに移動し、最小コホートサイズに希望する値を指定します。
  • ビュースルー・アトリビューション
    blog-posts_2.1アプリのインストールがすべて広告のクリックで発生しているわけではありません。ユーザーがアプリの広告を目にし、クリックせずに、後でGoogle PlayやApp Storeから直接ダウンロードするというケースもあります。ビュースルー・アトリビューションでは、Twitterなどの大手ネットワーク上での広告の表示がきっかけとなって実行されたインストールが、たとえユーザーが広告をクリックしなかった場合でも計測されます。アトリビューションのソースを伴わないダイレクトなダウンロードの場合、ダウンロードしたユーザーが直前に見た広告にアトリビューションが付与されます。このように従来よりも幅広いデータカバレージによって、すべてのインストールを適切なキャンペーンやメディアソースに結び付けることができ、広告の成果が向上します。
  • DoubleClickとのインテグレーション
    integratedpartner2ついに、DoubleClickを介して購入または配信される広告に対してもアトリビューションのレポーティングとアナリティクスを提供できるようになりました。つまり、マーケターの皆さんは、ようやくDoubleClickによるアプリインストールのキャンペーンに関して、当社の事前設定済みトラッキング機能を使って簡単かつ素早くその効果を測定できるようになったのです。

    DoubleClickキャンペーンの設定とトラッキングを行うには、AppsFlyerの管理画面にログインし、「Media Source Configuration」に移動し、DoubleClickを選択します。
  • AdWordsのユニバーサルアプリキャンペーン

    blog-posts_Japanese_4AdWordsのユニバーサルアプリキャンペーンを使用すると、複数の環境にわたるマーケティングキャンペーンを
    簡単に自動化することができます。そこで、AppsFlyerではAdWordsユニバーサルアプリキャンペーンのサポートを新たに開始し、キャンペーン別成果レポートの作成機能をご利用いただけるようにしました。この結果、管理画面から直接キャンペーンを計測し最適化する作業がこれまで以上に容易になります。

AppsFlyerのモバイルアプリアトリビューションとマーケティングアナリティクスで広告成果を向上させる方法についてご興味がある方は、今すぐデモへお申込みください。