1 Min. Read

データ分析を次のレベルへ

Minnie Katzen Mayer Minnie Katzen Mayer Feb 27, 2019

最新: Data Locker 2.0!新機能を今すぐチェック >>

マーケターが大勢いる部屋で「ビッグデータ」という言葉を口にすると、嘲りのまなざしを向けられたり、罵る声が上がるでしょう。「ビッグデータ」は、もう誰も真剣に受け止めることがない、嫌というほど使われた結果うんざりされる業界用語に成り果てました。
ところが、反感を買う一方で、業界において依然として重要性を無視することができないのも、ビッグデータなのです。私たちが意思決定を行う方法をビッグデータは変えました。巨大なローデータは、私たちが過去に気が付かなかったトレンドやパターンを明らかにし、ローデータにアクセスできるチームは計り知れない力を手にすることになります。 

AppsFlyerは、毎月1兆を超えるデータポイント、つまり1兆以上のクリックやインプレッション、インストール、セッション、アプリ内イベントなどを測定します。あらゆるデータを顧客が望むタイミングと方法で顧客に提供することで、顧客が独自のビッグデータを活用してビジネス戦略を構築し、重要な決断を下すことをサポートします。

あなたのデータを、あなたの方法で

アトリビューションデータは宝の山であり、マーケターだけのものではありません。ほとんどの組織はいくつかのツールやプラットフォームを活用して、製品の売れ行きやユーザとのエンゲージメントを把握しています。組織内の様々な機能がデータを活用して意思決定を行い、戦略を構築するため、すべてのテクノロジープロバイダーからのインプットを集中管理することが全体像を把握する鍵となります。

AppsFlyerの堅牢でカスタマイズ可能なプラットフォームは、集計データやローデータによってマーケターやアナリストが必要とするインサイトを提供します。複数のレポート、管理画面、APIを通じて、24時間365時間、リアルタイムのアトリビューションデータを手元で利用できます。

それでも、AppsFlyerは、組織によって異なるタイプのデータへのアクセスが必要であることを認識しています。つまり、あらゆるデータにいつでもアクセスできることです。このため、AppsFlyerは、Amazone S3でホストされる安全なデータストレージロッカー「Data Locker」を導入しました。Data Lockerは、オーガニックデータ、完全なインプレッション、アトリビューション、エンゲージメントデータ、セッションデータ、クリックデータなどを含むAppsFlyerに送信されたあらゆる単一データポイントを保存します。そうです。Data Lockerは、AppsFlyer管理画面に送信されたすべてのデータを保存するのです。

Data Lockerは継続的にローデータにより更新されるので、チームはデータをBIツールに取り込み、望み通りに処理することができます。

Data Lockerは、すべてのローデータを手元において、自由に分析できるようにします。以下は、顧客によるData Lockerの使用例です:

  • クリックとセッションのデータを分析し、独自の細分化されたアトリビューションロジックを適用
  • ユーザレベルのローデータ(集約されていないデータ)、クリック、セッションデータを完全なファネル分析に活用
  • 地理位置情報と端末タイプのデータを突き合わせ、特定のユーザセグメンテーションを作成

いつでも使えて、安全、セキュア

組織のニーズに応じたデータ分析となると、何よりも柔軟性が求められます。Data Lockerは、継続的にデータストリームをシステムで受信することを可能にし、リアルタイムのAPI同期の設定や維持に頭を悩ますことから解放します。

以下は、Data Lockerによるメリットの要約です:

  • カバレッジ – Data Lockerは、すべてのデータポイントをローデータの形式で収集し、複数のアプリに関するデータを収集できます。
  • 精度 – Data Lockerは、データの鮮度と精度において最も信頼性が高く最適なバッチデータプロセスです。
  • 信頼性 – Amazon S3でホストされるData Lockerは、常時利用可能であり、停電等から保護するフェイルセーフ機能を備えています。
  • 柔軟性 – Data Lockerに送信されたデータは、クリック、インプレッション、アプリ内イベント、リアトリビューション、リエンゲージメントデータ、ローンチ、アンインストールなど、貴社のチームが必要とする関連フィールドやレポートによって完全にカスタマイズ可能です。
  • アクセシビリティ – 分析や復元のため、データは継続的に更新され、24時間365日いつでもアクセスできます。
  • 互換性 – データを貴社が選んだBIシステムに投入することで、チームは独自の細分化されたアトリビューションロジックを適用できます。Tableau、Locker、Power BIなど、データ可視化ツールに最適です。

Data Locker 2.0 – 新機能および改良点

当社は製品開発に重点を置き、絶え間ない改善と進化をミッションの中核としています。最近、Data Lockerを更新し、さらに迅速でタイムリーな洞察を顧客に提供できるようになりました。Data Lockerで新たに実現できること:

1時間ごとに更新されるデータ
Data Lockerは、1日単位ではなく、1時間毎に更新されるようになりました。今まで以上にタイムリーなデータを流すことができ、データのストリーミングを複雑にしていたタイムゾーンの違いによる問題を解決しました。さらに、Data Lockerの1時間単位によるフォルダが、キャンペーンアクティビティに関する時間別トレンドの認識を可能にします。

GCSとBigQueryをサポート
貴社でGoogle Cloud Storage (GCS)を使用している場合、データをData LockerからGCSに転送し、Google BigQueryにデータをインポートすることができます。しかも、簡単なUI設定をするだけです。
Data Lockerファイルの標準CSVファイル構造のおかげで、Google BigQueryは受信データを簡単に処理できます。

ビジネスニーズに対応した価格モデル
Data Lockerは、大企業のためだけではありません。AppsFlyerは、Data Lockerを組織の規模や予算に応じて利用いただけるよう、価格プランを変更しました。

 

 

詳細については、担当のサクセスマネージャーまでお問い合わせいただくか、 すぐにAppsFlyerのデモをご予約ください。