1 Min. Read

AppsFlyerはヨーロッパでのアプリインストール広告費が2020年までに109億ドルになると予測

Jillian Gogel Jillian Gogel Aug 27, 2018

広告費がモバイルへ移行し続けていることから、マーケターにとってキャンペーンのあらゆる要素の効果を理解することがこれまで以上に重要となっています。モバイルアトリビューションに関して、正確で詳細にわたるキャンペーン測定は必須であり、モバイルマーケターのテクニカルスタックの核となりえます。

最近ロンドンで開催されたMAMA(Mobile Attribution&Marketing Analytics)のイベントで、当社は、2017年から2020年の間のアプリインストールとアプリインストール広告費成長率が目玉となる業界初の予測を含めて、イギリスおよび西ヨーロッパのアプリマーケティングの状況に関する最新統計データを発表しました。

 

2020年までのアプリインストール広告費の主なトレンドは?

モバイルマーケティングが爆発的な勢いで増えており、既に業界のリーダーとしてデスクトップやテレビを上回っていることはご存知のとおりあちこちで記事になっています。事実、eMarketerによる最近の調査では、モバイルは将来的にデジタル広告全体の70%を占めることになると言われています。

そのモバイルにおいて、アプリインストール広告費の成長がますます重要視されています。ブランドが顧客との長期的なつながりを求めるようになるにつれて、複数のチャネルに渡ってこうしたつながりをより容易にするアプリがますます重要な存在になっています。

アプリインストール広告費は、ヨーロッパのモバイル広告予算の大きな部分を占めつつあります。デジタルマーケターは、自身のマーケティング活動を効果的に測定し有利するためにもこうした傾向を理解する必要があります。それでは、マーケターは、アプリインストール広告に一体どれくらいの費用を費やしているでしょうか?

ヨーロッパにおけるアプリインストール広告費成長率予測

当社の最近の調査で、我々は、2020年にかけてヨーロッパでのアプリインストール広告費全体が127%の成長をすると予測しました。総額で、2017年の48億ドルに対して109億ドルになります。この増加は次によるものです。

 

  • アトリビュートされたアプリインストール広告費の163%の増加、ただし…
  • アトリビュートされていないアプリインストール広告費、56%の増加

 

アトリビューションマーケットグループのインストールは、モバイルアトリビューションプロバイダにより特定のソースにアトリビュートされていました。つまり、アプリインストール広告からインストールまでのユーザージャーニーは、これらのプロバイダによって測定されていました。大部分のデータはAppsFlyer独自のデータベースから取得されましたが、第三者のマーケットシェアデータも適用され、アトリビューションインストールの総マーケットシェアが推定されています。

一方、アトリビュートされていないインストールは、すべてモバイルアトリビューションプロバイダを介して測定されなかったマーケティング主導型のインストールでした。

インストールの総数は着実に増加し続けていますが、アトリビューションが平均して年間39%の増加であるのに対して、アトリビュートされていないインストールの増加は平均してわずか16%です。 

 

現在の市場におけるアトリビュートされているインストールと、アトリビュートされていないインストールの関係は?

明らかに、数字は語っています。ますます多くのマーケターが、ユーザーのアプリへのジャーニーやアプリ内での行動を測定し評価することができます。そして、この能力を活用すべきです。2つのグラフで同様の傾向が見られるように、モバイル広告の増加に伴い、モバイルアトリビューションの信頼性が高まりました。

2017年には、ヨーロッパの非オーガニックインストールの3分の2がメディアソースにアトリビュートされていました。当社は、2020年までにその数は非オーガニックインストールの4分の3に増加すると予測しています。

つまりは、アプリのユーザートラフィックを把握し、それに基づく判断をすることが望ましいだけでなく、競争の激しいモバイルエコシステムにて効果的なモバイル広告キャンペーンを実行するために不可欠になっています。

ヨーロッパにおけるアプリインストール広告費成長率予測

広告費の傾向と比較するなら、アトリビューションインストールの数は2017年から2020年の間に130%増加しますが、より多くのアプリユーザーとインストールがモバイル環境に移行するにつれて、年間の成長率は徐々に低下します。さらに、上記の広告費の成長率と同様に、アトリビュートされていないインストールは同じ期間に70%増加し、全体として予想される2倍の新しいインストールの半分さえ占めていません。

一般に、非オーガニックアプリのインストールの総数は、30億から60億以上へと103%増加し、わずか3年でもとの数の2倍以上になっています。

 

予測モデル

これらの予測は複雑なので、上記の将来の軌跡を判断するために5つの異なる統計モデルを使用しました。こうしたモデルには、サポートベクターマシン(SVM)とK近傍法が含まれています。

これらの結果は、主にAppsFlyer独自のデータから得られたものであり、例として350億のインストール100億ドルの広告費 かつ70,000のアプリが含まれています。他に追加されたパラメータとしては、サードパーティのモバイルアトリビューションマーケットシェアデータ、地域ごとのCPI予測、アプリストア掲載のアプリ数、インストール数などがあります。収集されると、累積データは次のように2つの主なカテゴリーに分けられました:非オーガニックインストールのアトリビューションマーケットシェア(FirebaseとFacebookのアプリケーション分析を除く)と非アトリビューションマーケット。

 

重要ポイント

  • マーケターによるモバイルの採用がますます増加するにつれて、アプリインストール広告費は2020年までに2倍以上に増加すると予想されています。
  • より多くのアプリが必要性を顕在化させるにつれて、確実にヨーロッパのモバイルアトリビューション市場は非アトリビューション市場に取って代わって成長するでしょう。
  • 当社のデータによると、ペイドキャンペーン広告の増加、アプリの増加、モバイルユーザーの増加、ユーザー数の増加などによりコストが増加し、結果として広告費用が増加しました。
  • 成熟するにつれて、インストールと広告費の両方の伸びは遅くなりますが、依然として堅調なままです。
  • モバイルエコシステムは、かつてないほど競争が激化しています。競争力を得る唯一の方法は、より多くのデータを活用することです。
  • より多くのお金が流れ込むにつれて、不正業者は稼ぐ機会を探し続けます。だからこそ、継続的な不正対策が最優先事項となります。
  • 広告費が増加すると、その点を利用して、アプリが担う役割が増え、アプリ内広告という資産からの収益が増えることになります。

要約すると、2020年以降に向けて主要なマーケティングチャンスとともに、アプリインストールとアプリインストール広告の著しい成長が期待できることは明らかです。その波にうまく乗れるか否かは、アプリマーケティング活動の効果的な測定と、意思決定を導くデータ主導のインサイトにかかっています。