1 Min. Read

一年をどのように測定しますか?

Avatar Oren Kaniel Jan 03, 2019

毎年、新年は振り返るのに絶好の機会です。2018年はAppsFlyerにとって素晴らしい年、おそらく私たちにとって最高の年でした。なぜか?尋ねていただけて嬉しく思います。

 

    • 15カ所のオフィスで200人以上のすばらしい人材を採用し、 500人目の社員というマイルストーンを達成できました
    • あらゆる分野、地域、企業顧客にわたって、引き続き 世界的なマーケットリーダー としての地位を確立することができました。
    • プラスのキャッシュフローで収益を1億ドル(ARR)へと倍増させたAppsFlyerは、世界で最も急成長しているSaaS企業リストのトップにランクされています。
    • 当社が測定した広告支出は年間190億ドルに倍増し、測定したイベントは一日500億に達しました。
    • 当社の規模と市場に対する可視性により、顧客に究極の不正広告防止対策を提供し、不正における「囚人のジレンマ」 を解決して、不正行為のないエコシステムへの道を開くことができます。
    • 当社は、顧客やパートナーからのフィードバックに基づいて、今年だけでも何百もの製品改良と機能をリリースし、AppsFlyerを市場で最も機能が豊富で堅牢なプラットフォームにしました。 

セキュリティおよびプライバシー

ベンダーがセキュリティ/プライバシーの弱点になりうることを企業が認識したことで、業界のセキュリティおよびプライバシーの問題は、市場に対してセキュリティおよびデータプライバシー対策を強化する呼びかけとして機能しました。AppsFlyerでは、セキュリティとプライバシーのコンプライアンスへの長期的な投資に価値があることが全面的に証明されました。私たちは引き続きあらゆる決定において当社の顧客を念頭に置き、顧客の最も重要な資産、すなわちデータを保護していきます。

スタートアップから組織へ

2018年、当社は初期段階のスタートアップから、顧客、パートナー、市場全体に信頼される成長段階の組織へと発展し続けました。当社は増加する市場シェア に伴う責任を十分に認識し、あらゆる指標で手本となることにコミットしています。

CEOとして、この変化は刺激的でもあり、挑戦でもありました。最近まで、私は製品からマーケティング、ITおよび運用に至るまで、ほとんどすべての決定に関わっていました。2018年を通して、私自身が直接参加しなくてもAppsFlyerチームの各メンバーが正しい判断を下せるようにする方法を考え続けました。そして、すべての部署や地域のすべての従業員が活用できる2つの非常にシンプルなフレームワークを構築することができました。

1. AppsFlyerは顧客第一の会社です。つまり、私たちの主な目標は、顧客を幸せにして成功させることです。素晴らしいAppsFlyerでの体験こそが、最高のセールスおよびマーケティング戦略です。

2. AppsFlyerの一員であることをどのくらい誇りに思っていますか?」というのが、AppsFlyerの社内倫理の羅針盤です。私たちはすべての行為において最高のビジネス倫理を守ります。どこを改善できるかを特定し、適切に優先順位を付けることができる素晴らしい方法です。

私のお気に入りの投稿の1つで、AppsFlyerのストーリー、私たちの信念、そして当社の文化について書き始める時間があったことは幸運でした:「Organically Building a Customer Obsessed Culture (顧客第一の文化を有機的に構築する)」

公平・独立

真に顧客第一の会社であることを可能にする要素の1つは、公平で独立したままでいるという長期的なコミットメントです。市場が統合するにつれて、当社のコミットメントは今年さらに試されました。共通の顧客に最高の製品を提供するために当社のパートナーを支援しながら、独立と公平を保ち続けていきます。

個人として

今年、私は三児の父親になりました。3人の子供全員が4歳未満ですが、私はこれらの小さな人たちから多くを学びました。子供たちは好奇心旺盛な存在として生まれ、絶えず探求し、間違いを犯し、そして学習しますが、やがてこれらの学習本能は何らかの理由で消えていくようです。AppsFlyerでは好奇心を育み、質問をし、知らないことを恥ずかしがらず、間違いを犯すことを恐れず、そして常に学び続けることを奨励する文化をつくりたいと思っています。私の最新のブログ記事で、私の最も重要な専門的および個人的な学びのいくつかを共有しました。中でもオールインは、私たちの企業文化の中核となっています。

AppsFlyerでは、非常に忙しく働くのは簡単です。今年の私の解決策は、私自身がチーム全員にとってよりアクセス可能でアプローチしやすくなるよう最善を尽くすことです。あらゆる方法でAppsFlyerの仲間をサポートするためにより「自由」な時間を確保したいと考えており、これはマネージャーやチーム全体へのアドバイスでもあります。

社会的責任

AppsFlyerの現段階について心躍ることの1つは、コミュニティに恩返しをし、持続的な社会的影響を与える立場にあることです。これが、私たちが事業を行っているさまざまな国の重要な社会的大義をサポートするためにAppsFlyer Cares を立ち上げた理由です。私たちの世界には修正が必要なことがたくさんありますが、ここでも優先順位を付ける必要があります。2018年、私たちはホロコーストの生存者、癌と闘う子供たち、そして困っている孤児たちを支援しました。私たちはまた、年間を通して他のいくつかの重要な社会的大義を支援し、このプロジェクトをさらに拡大していくことを楽しみにしています。

今後も私たちはAppsFlyer Caresの活動を発展させていきます。2019年より、当社の社会的支援を拡大して恩返しするために、当社のリソースの1%を捧げることにしました。わずか1%ですが、AppsFlyerが市場と社会全体に大きな影響を与えることができると信じています。