1 Min. Read

iOS 10でのモバイルアプリマーケティング

Avatar Jon Burg Aug 22, 2016

iOSの大きなアップデートでは、必ずモバイルアプリマーケターにとって新しい課題と機会という相反する要素が同時に提示されます。AppsFlyerでは、OSがアップデートされるたびに、新たに提供されるあらゆる機能をモバイルアプリマーケターの皆さまが前もって利用できるよう、OSがフルリリースされるかなり前の段階で提供できるよう最善の努力をしております。

iOS 10にはモバイルアプリマーケターにとって興味深い変更点が多数含まれています。そこで、iOS 10で新たに追加される新機能と、AppsFlyerでそれらの機能をどのようにフル活用したらよいかについて紹介したいと思います。AppsFlyerをまだご利用いただいていない方は、ぜひこちらからサインアップして今すぐご利用を開始してください。

iOS 10におけるディープリンク

iOS 9ではディープリンクに劇的な変化がありました。それからほぼ1年後のいまもOneLink™はすべてのプラットフォームに対応した世界中で最も堅牢かつダイナミックなユニバーサルディープリンク機能を提供しています。

そのOneLink™ディープリンクはiOS 10にも完全に対応できていることをお知らせします。既存のリンクは全てシームレスに機能し続け、バックエンドや計測リンクの構造は一切変更する必要はありません。OneLinkのディファード・ディープリンク機能を使って、広告効果やユーザーエクスペリエンスを向上させる方法については、担当のサクセスマネージャにお問い合わせいただくか、今すぐ デモの申し込みをしてください。

iOS 10でのモバイルアプリ・アトリビューション

昨年、AppleはLimit Ad Tracking(追跡型広告を制限)機能を発表しました。この機能により、ユーザーは広告主がユーザーのIDFA(広告識別子)を表示に制限をかけることができます。iOS 10では、Appleはこの機能をさらに強化し、Limited Ad Trackingが有効化された場合、ユーザーのIDFAの代わりにゼロの羅列が広告主に送信されるようになりました。

AppsFlyerは世界最大手の広告ネットワークや広告主と密接に協力し、業界最良のモバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスを継続して提供できるよう注力しております。ユーザーがこのLimit Ad Tracking機能を有効にした場合、当社のNativeTrack™アトリビューションエンジンは自動的にフィンガープリント計測ソリューションを起動させます。このソリューションは、IDFAデータが存在する場合は広告主がそのデータにフルアクセスできるようにし、IDFAが存在しない場合にはユーザーのプライバシーを尊重する業界最良の代替手段をとるように設計されています。

AppsFlyerではこれまでも、FacebookやGoogleを含む世界最大の広告ネットワークと密接に協力してきましたが、今後もさらに連携を深め、iOS 10のローンチ前に、すべての連携済ネットワークで問題なく計測、ポストバックができるように、開発、テスト、および展開することをお約束します。

iOS App Storeでの検索広告

AppleのApp Storeで新しく導入予定の検索広告は、アプリマーケターに大きなポテンシャルもたらします。AppsFlyerでは、このiOS検索広告のアトリビューションに完全に対応しておりますことをお知らせします。マーケターの皆さんは、他のメディアソースと同様にApp Storeでの有料検索広告の効果を測定し最適化することができるのです。

何かご質問や懸念点がありましたら、お気軽に担当のサクセスマネージャーにお問い合わせいただくか、今すぐAppsFlyerのデモをお申し込みください