1 Min. Read

新ダッシュボードが登場!– 代理店のリテンションからグレードアップされたRawデータレポート作成、そしてさらにもっと!

Avatar Naoya Otsubo May 31, 2016

私たちはこの一ヶ月間とても忙しい日々を送ってきました。そしてようやく8つの素晴らしいアップデートを皆さんにお知らせできることになりました。

  1. まずは新ダッシュボードの登場です!
    世界中の多くのモバイルアプリマーケターからの好意的なフィードバックを受け、ついに新しいダッシュボードをすべてのAppsFlyerのお客様にご利用いただけるようになったことをお知らせします。

    新ダッシュボードは単に見た目が新しくなっただけではありません。マーケターがモバイルマーティングに関する自分のデータからこれまでより多くのことを引き出すことができるよう刷新されています。すべてのダッシュボードとレポートが洗練度を増し美しいビジュアルに仕上がっていて、インサイト情報をすばやく表示してくれます。また、改善されたフィルタやスティッキーフィルタなど、これまでユーザーから要望があった多くの機能が追加されています。皆さんのフィルタは、複数のレポートを切り替える際にもそのまま保持しておくことができます。仲間とシェアしたいレポートがあれば、すぐにURLをコピーし送ることができるので、まったく同じレポートを一緒に見ることができます。
    その他にも多くの機能が用意されています!皆さんのアイデアや意見はいつもサクセスマネージャと共有しましょう。皆さんのお便りをお待ちしています。 
  2. 代理店のリテンション ― ワンクリックでコラボレーションが可能アプリマーケティングチーム(とりわけ規模の大きなチーム)からもっともよく求められる機Retention-for-Agencies能のひとつに、リテンションデータを代理店と簡単に共有できる機能があります。「Retention for agencies(リテンション for エージェンシー)」がこれを実現してくれます。ユーザーリテンションデータに代理店がアクセスできるようにするには、「Media Source Configuration(メディアソースの設定)」に移動し、代理店パートナーを選択し、「Permission(許可)」タブに入り、リテンションを有効に設定します。
  3. アップグレードされたRawデータレポート ― DMAデータと統一されたフォーマット!要求すれば、そのレポートが手に入ります。新たにアップグレードされたRawデータレポートでは、フォーマットが統一され、メディアソースやレポートの種類に応じて分類されるようになり、またジオロケーションデータもアップグレードされています。アップグレードされた統一フォーマットと分類によって、様々なRawデータレポートやメディアソース間での比較や、成果の最適化を簡単に行うことができます。当社のジオロケーションソリューションもアップグレードされたため、99%以上のジオロケーションをカバーしたさらに詳細にわたるレポートを作成することができます。現在のところ、皆さんのRawレポートは郵便番号とDMAデータの両方を使用するようになっています。 
  4. 高度なアトリビューション遡及時間枠 


    モバイルアプリマーケティングは急速な勢いで進化しているため、様々なメディアリソースがAdvanced-Attribution独自のアトリビューションモデルを開発してきました。例えば、Facebook、Twitter、Googleはそれぞれ独自のアトリビューション時間枠を使用しています。Facebookは28日間のアトリビューション時間枠を採用しています。つまり、Facebook上であるユーザーが広告をクリックしましたが、その時点では当該アプリはインストールせず、27日後にインストールした場合、Facebookのアトリビューションはそのインストールを成功とみなします。しかし、27日間という長い期間には色々なことがあります。そのユーザーはFacebook以外のネットワークで広告をクリックしたり、マーケターのEメールやウェブサイトを覗いたり、あるいはTVでアプリの広告を見ているかもれません。マーケターにはこうしたニーズを満たすことができる汎用的なソリューションが必要でしょう。高度かつカスタマイズ可能なアトリビューション時間枠を使用すれば、広告主は自社のアトリビューションにどの遡及時間枠を利用するかを設定でき、またクリックベースのアトリビューションとビュースルーのアトリビューションにも対応できます。そしていつもの通り、広告主が常に主導権を握ることができます。皆さんは自身のカスタムアトリビューション時間枠をメディアソース毎、あるいはアトリビューションタイプ毎に設定することができます。

    自身のアトリビューション遡及時間枠を定義しておくことで、メディアソース優先のアトリビューション時間枠であるかどうかに関わらず、すべてのインストールが最新のメディアソースに関連付けられるという確信が得られます。そうなれば、あらゆるメディアソースに対して真の同一条件での比較を行うこが可能になります。カスタムアトリビューション遡及時間枠ではさらに、キャンペーン毎にアトリビューション時間枠を最小化あるいは最大化するアジリティ(俊敏性)も得られます。例えば、多くのマーケターは24時間のプロモーションを実行しています。構成可能なアトリビューション時間枠を使用すれば、特定の24時間のプロモーション時間枠にアトリビューションを限定することができます。

    独自のアトリビューション遡及時間枠を定義するには、「Media Source Configuration(メディアソースの設定)」に移動し、希望するメディアソースを選択した後、ドロップダウンメニューから希望するアトリビューション遡及時間枠を選んでください。詳しくは、当社ので調べるか、または貴社担当のサクセスマネージャにお問い合わせください。 

  5. Google Playのオーガニックキーワード
    Organic-Key-Words
    当社のPush APIには新たに、Google Playでのインストールに貢献したオーガニックキーワードが含まれるようになりました。これらのデータは特定の所有権で保護されたデータではありません。これらのキーワードデータはGoogle Playのインストールに付随しているものです。詳しくは、当社ので調べるか、または貴社担当のサクセスマネージャにお問い合わせください。 
  6. Google AdWordsの費用とROI
    メディアのコストを把握することは、貴社のROIの算出、ユーザー獲得の最適化、そしてキャンペーンのターゲット再設定のために欠かせません。AppsFlyerは、Google AdWordsキャンペーンの費用とROIのレポート作成機能を提供する初めてのアトリビューション&アナリティクス提供業者となることを誇りに思っています。このベータプログラムにご参加いただくには、お客様担当のサクセスマネージャまでお問い合わせください。皆さんのフィードバックをお待ちしています。
     
  7. 世界的な詐欺行為防止プロバイダDataVisorがAppsFlyerの統合パートナーにNew-Integrated-Partner
    モバイル上の詐欺行為は増大の一途を辿っています。当社独自のアクティブ詐欺防止ソリューションに加えて、当社は世界最良の専用詐欺防止ソリューションに簡単にアクセスできる手段をマーケターに提供しようと考えています。そのため、当社は世界をリードする詐欺防止ソリューションDataVisorを当社の成長を続けるポートフォリオ/統合詐欺防止パートナーとして迎え入れることにいたしました。ようこそAppsFlyerへ!
     
  8. ワンクリックで約2,000の統合パートナーに
    過去何年にもわたり、当社は多くの広告主から当社の統合パートナーの紹介を求められてきました。長期にわたる実りある業務関係の多くが、こうした紹介を契機として始まっています。そこで、当社はこのような紹介をもっと簡単にできる仕組みを作ることにしました。約2000社に達する当社の統合パートナーの紹介を希望される場合は、「Media Source Configuration(メディアソースの設定)」に移動し、希望するパートナーを選択した後、ボックス右上にある「紹介を申請」リンクをクリックしてください。どうぞお気軽に紹介申請をお送りください。お待ちしております。