< 1 Min. Read

ユナイテッド、エージェンシー事業において、モバイル広告効果測定プラットフォーム「AppsFlyer(アップスフライヤー)」の取り扱いを開始

Avatar Naoya Otsubo Nov 25, 2015

 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下ユナイテッド)はエージェンシー事業において、スマートフォンアプリ向け広告効果測定プラットフォームを提供するAppsFlyer(本社:イスラエル、CEO兼共同創設者:オーレン・カニエル、日本オフィス:東京都渋谷区、カントリーマネジャー:大坪直哉)と提携し、モバイル広告効果測定プラットフォーム「AppsFlyer」の取扱いを開始いたしました。

 「AppsFlyer」は現在、世界各国5,000社以上の顧客企業で活用されており、年間20億ドル以上のモバイル広告費、月間5億件以上のモバイルアプリ・インストール数を対象に効果測定を行っています。また、公式のFacebook Mobile Measurement PartnerおよびTwitter Official Partnerでもあり、モバイルエコシステムでパフォーマンスが最も高い広告ネットワーク上で、ソーシャルキャンペーンの計測と最適化を可能にしています。

 ユナイテッドでは、今回の「AppsFlyer」の取り扱い開始によって、アプリ広告主様のご要望に幅広く対応できる広告効果測定プラットフォームをご提案させていただくことが可能となりました。

 ユナイテッドのエージェンシー事業は、今後も多彩なサービスとの連携を通し、拡大が見込まれるスマートフォン広告市場において、さらなる成長を目指してまいります。