AppsFlyer パフォーマンスインデックスは、提携するメディアソースの選択という重要なマーケティング判断の指標として、多くのアプリマーケターによって参照されてきました。

リーチ、リテンション、リマーケティング、成長、マネタイズなど、さまざまな角度からモバイルメディアの業界動向を分析しました。

在宅勤務編で紹介するランキングやトレンド

  • IAP(アプリ内購入)インデックス:アプリ内購入を行うユーザーを提供する能力についてのメディアソースのランキング
  • IAA(アプリ内広告)インデックス:広告で最も収益を生成するユーザーを提供するメディアソースのランキング
  • 世界中のメディアソースを対象:全体のカテゴリとジャンルについての11の地域の595のランキング
  • 今後の成長動向:Facebook、Google、Apple Search Ads、TikTok、Snap、Unity Ads、ironSource、AppLovinなど

取り上げているメディアソース:

共有:

     
AppsFlyerパフォーマンスインデックス 第11版 在宅勤務編