iOS 14のリリースによりモバイル広告のあり方は根本から変化し、優れた意思決定を行うことがさらに難しくなりました。

AppsFlyerパフォーマンスインデックスは、2015年の初版発表以来、 提携するメディアソースの選択というもっとも重要な決定において、モバイルマーケターをサポートしてきました。

AppsFlyerでは2021年も、さらに進化を遂げたインデックス第13版で、転換期を迎え複雑さを増したメディア業界の現状を分析し、役立つインサイトを提供します。

内容

  • SKANインデックス: SKAdNetworkに対応した業界初のランキング!
  • ATTに同意しなかったiOSユーザーに対するベンチマークとして、同意したiOSユーザーをもとにパフォーマンスを評価したランキング
  • リーチ、リテンション、リマーケティング、グロース、マネタイズにもとづくiOSとAndroid別の順位付け
  • Google、Facebook、Apple Search Ads、TikTok、Snapchat、Unity Ads、ironSourceをはじめとしたメディアソースのパフォーマンスを詳細に分析
  • 11の地域、1万7,000のアプリ、40のアプリカテゴリを分析対象に含む、業界随一の規模

Features:

Share: