アプリマーケターのためのROI測定とレポート | AppsFlye

コスト、eCPI、eCPA、ROIレポート

Measure and attribute every parameter for optimal insight and impact

最終利益のためのモバイルマーケティング測定・最適化

ROIはモバイルアプリ測定において誰もが渇望するものですが、特定のアプリマーケティングキャンペーンのROI計算は、難しい場合があります。多様なソースからの複数のスプレットシートの統合と集約、複数の管理画面へのログイン、異なるタイムゾーンと通貨に基づくデータの標準化、そして地域、プラットフォーム、アプリ別のソートと一覧化・・・どれも言葉で表現するほど簡単ではありません。手作業でのROIの計算は、大きな悩みの種です。さらには、収集されたデータが綿密であればあるほど、人的ミスが起こりやすくなります。

AppsFlyerのメディアコスト、収益、ROIレポートは、これらの悩みを軽減し、アプリマーケターが、スプレットシートを1つ開いたり、2つ目の管理画面を開けることなく、メディアコストとモバイルアプリマーケティングROIやROAS(広告費対効果)をシンプルかつ簡単に測定するのをお手伝いします。

モバイルアプリマーケティングのためのROI計算

マーケターはすでに、AppsFlyerの無制限なリッチアプリ内イベントレポートで、アプリ内エンゲージメント収益とモバイル広告収益を測定しています。アドネットワークから提供されたメディアコストデータをリッチアプリ内イベントによってレポートされた収益データとマッチさせることによって、AppsFlyerは、コードデータと共にパフォーマンスメトリクスを自動的にレポートし、各キャンペーンのeCPI、eCPA、ROIをリアルタイムで計算します。

ROI測定を始めましょう

管理画面で一元化されるROIレポート

全てのメディアによるROIデータが一箇所に収集されると、マーケターはデータを簡単に比較でき、最も重要なKPI、つまりROIに基づいて最適化が可能になります。キャンペーン、広告グループ、Site ID、クリエイティブ別のより深いレベルのインサイトもご活用いただけます。

dashboard_visual-1

モバイルアプリROIとアトリビューションとの直接連動

アドネットワークからの第一レポートは、通常、このメディアソースがインストール前のラストクリックをもたらさなかった場合でも、アプリインストールが発生するたびに、コストを計算します。しかし、AppsFlyerでは、クリックをもたらした最後のネットワークに基づいてコストが決定されるため(ラストクリックアトリビューション)、より明瞭でクリーンなコストデータをお届けします。

さらに、AppsFlyerは、受領する収益(リッチアプリ内購入イベント、広告収益など)と支払うコスト(メディアコスト)の両方を明確に示します。この中央からの視点によって、マーケターは、ビジネスパフォーマンスと予算分配におけるマーケティング費の効果を容易に監視できます。

Facebook、Googleほか何十ものリーディングネットワークからのROI測定

Thanks to AppsFlyer’s advanced cost-data integration with Facebook and Google, marketers can easily and automatically measure the ROI of their campaigns running on the top two media sources in mobile advertising.

さらに、Vungle、IronSource、Chartboost、AOL(その他多数)を含む何十ものネットワークが、事前設定された自動連携の一端として、コストデータを当社に自動的に送信できます。ボタンをひとつクリックするだけで、コスト、CPI、CPA、ROIの測定をリアルタイムで開始できます。

eCPI、eCPA:小さな「e」が重要!

AppsFlyerはまた、コストデータを使用して各アプリとキャンペーンのアプリインストールあたりのコスト(eCPI = effective Cost Per Install・総費用➗合計インストール数)と、行動あたりのコスト(eCPA = effective Cost Per Action・合計コスト➗当該イベントの記録回数)を計算します。CPIやCPAとは違い、「e」は新規ユーザーにいくら支払ったか(平均で)を示します。これは、アプリがある程度のバイラル成長を経験したときに、特に重要です(オーガニック乗数)。重要な理由を以下の例で探ってみましょう。

eCPIの例:
1000回のインストールに1000ドル支払った場合、CPIは1ドルですが、1,000回のインストールは.5のバイラル効果(オーガニック乗数)もあり、新規インストール数は、実際は1,500回に達していたため、eCPIは66セントです。これが貴社がユーザーに支払う金額なら、ROIをプラスにするため少なくとも67セント(1.01ドルではなく)生成する必要があります。成功するアプリマーケターの黄金律は、「LTV > eCPI」であることを覚えておいてください。

eCPA例
総経費が55,000ドルで、定義したアクション「レベル10に到達」が2,000回記録された場合、eCPAは27.5ドルです。前回と同様、これがLTVの目標値となります(27.5ドル以上)。これは、ROIをプラスにすることを目標にした場合です。

LTV(顧客生涯価値)とROIについての詳細は、以下の記事もご参照ください:

What are you waiting for?
 Learn about AppsFlyer’s mobile attribution technology