顧客生涯価値

アプリマーケティングのライフライン

LTV(顧客生涯価値)は、アプリマーケティングの中心にあるKPIです。ユーザーが生涯にわたって生成した収益を正確に把握することで、ユーザー獲得、エンゲージメント、リテンションにおけるマーケティング投資を判断できます。LTVはまた、マーケティング投資がプラスのROIをもたらす度合いを測定するために不可欠です。

LTV(顧客生涯価値)を計算する方法はいくつかありますが、厳密にはどの方程式を使うかにかかわらず、収益リテンションオーガニックという重要な3つの要因があります – これらはすべてAppsFlyerが分析用に提供しているものなので、マーケターは各自のパフォーマンスを測定し、改善できます。では分析してみましょう。

収益

AppsFlyerは、リッチアプリ内イベントを使用して、アプリがどのぐらいの収益を生成しているか、どのソースがこの収益に貢献しているかを判断できます。知識を武器に、マーケターは、最強の収益を実現するための取り組みと投資を最適化することができます。

AppsFlyerを使用すれば、収益の測定は簡単です。インストール後の収益イベントを定義するだけです。

01.

標準アプリ内購入イベント

アプリ内購入が行われるタイミングを知り、これらのユーザー獲得またはリエンゲージメントに成功したキャンペーンにこの収益を紐づけることで、購入イベントをより促すマーケティング施策へと最適化が可能です。

02.

リッチ購入イベント

収益の最適化を最大化するには、より深いレベルのデータが必要です。AppsFlyerは、マーケターが複数のパラメーターを用いた標準収益イベントの強化を可能にします。これらのリッチパラメーターは、購入されたことだけでなく、何が、どの価格で、どのユーザーによって購入されたかがレポートされます。

03.

広告収益のアトリビューション

AppsFlyerは、アプリ内広告収益の貢献度を、各インストールを発生させたチャネルとキャンペーンに戻って測定することができる、唯一のモバイルアトリビューションプラットフォームです。したがって、最適なROIをもたらす最強の合計モバイルLTVをユーザに提供するよう、キャンペーンを最適化することができます。

04.

有料アプリと定期契約アプリのためのカスタム収益イベント

アプリがこれらの収益モデルを使用する場合は、カスタムAppsFlyer収益イベントは、このタイプのアプリストア駆動型収益を測定します。収入源がより予測可能であるため、有料アプリと定期購読アプリのためのLTVモデリングは、多くの場合簡単です。

05.

外部アプリの収益イベント

今日のオムニチャネルの世界では、オンラインとオフラインの両方のチャネルを介してアプリユーザーが購入を完了することが多々あります。アプリ外での収益は、ユーザーLTVの計算に大きく影響するため、測定されなければならない指標です。すべてのパフォーマンスデータの同期を維持するために、マーケターは、アプリ外収益イベントを自社アプリのマーケティングデータに接続し、アプリのマーケティングデータをオムニチャネルビジネス分析プラットフォームに接続しています。

詳細については、 「オムニチャネルのアトリビューションと測定」に関する当社の専用ページを参照してください。

LTV計算でリターゲティングを測定

AppsFlyerプラットフォームは、最初のインストールが発生してからどれだけ時間が経過しても、全ての収益イベントを最初のインストール源に紐づけます。リターゲティング(リエンゲージメント)のアトリビューション期間(収益イベント用)はデフォルトで30日です。このアトリビューション期間の設定は自由に変更可能 です。

次の図を例に考えてみましょう:

ltvreportingillustration

この場合、リエンゲージメントキャンペーン(ユーザーがクリックしてアプリを開いた後)が成果と見なされます。LTV計算の場合、以下に基づいてユーザ獲得とリエンゲージメントの間に明確な区別があります。

ltvreportingchart

重複を防ぐために、マーケターは、「プライマリ」としてリエンゲージメント期間内に発生するすべてのイベントにマークを付けるだけで、重複排除機能を有効にすることができます。

リテンション

既存ユーザーを維持するよりも、新規ユーザーを獲得するほうがはるかに多くの費用がかかるとよく言われます。継続的なリテンションは、多くの場合、継続的な売上と収益化の主要指標であるため、リテンションはLTV計算の主要部分となります。ただし、非常に競争の激しい市場において、リテンション率は著しく低下しています。アプリ未使用を避けるために、AppsFlyerの高度なリテンションとコホートレポートは、マーケターが粒度が細かいレベルで何がアプリの使用を推進しているかを理解するのに役立ちます。

オーガニック

ユーザー獲得およびエンゲージメントマネージャーは、頻繁にオーガニック乗数に細心の注意を払います。オーガニック乗数は、各有料インストールがもたらす新規オーガニックインストールの数です。過去2年間、オーガニック乗数が急激に減少しています。この傾向にもかかわらず、オーガニックインストールの増加はまだ多くのアプリマーケターにとって重要な指標であり、アプリの平均ユーザーLTVに強い影響をもたらします。一方、eCPIの削減はROIをプラスに転換するうえで鍵となる要素です。

 

AppsFlyerは、マーケターが必要とする
オーガニックに関する優位なデータを提供します

包括的なオーガニックデータ

AppsFlyer管理画面では、オーガニックインストールの数とそれらが生成した生涯収益を含む、オーガニックデータについて詳しく見ることができます。Appflyerの先進的なコホートレポートを使用して、マーケターは、オーガニックコホートを定義して測定し、オーガニックユーザーの特徴や、どんなアプリ内アクティビティをどんな状況でオーガニックユーザーが行うのかを理解できます。そしてAppsFlyerのダイナミックなカスタム管理画面により、マーケターは、有料メディアまたは特定の有料メディアソースと、オーガニックパフォーマンスを比較・分析できます。

FacebookおよびTwitterのモバイル測定パートナーとしての認定

認定されたFacebookとTwitterのMMPだけが、エコシステム内の上位2つのソースを出所とするオーガニックトラフィックまたは非オーガニックトラフィックを正確に区別できます。

ユーザー招待に最適なOneLink

どの地域、プラットフォーム、チャネル、そして、どのような無料プロモーションが、最高数(または最低数)の訪問者を呼び込んでいるかを判断します。これはすべてAppsFlyerの強力なOneLinkソリューションで可能です。

オーガニックインストールを促進したキーワードの測定

Google検索とGoogle Playで各インストールを誘導したキーワードを判定し、キーワード最適化の取り組みに情報を提供する貴重なインサイトを取得します。