アプリ内マーケティングのためのLTV収益レポート| AppsFlyer

 

AppsFlyerは、リッチアプリ内イベントを使用して、アプリがどのぐらいの収益を生成しているか、どのソースがこの収益に貢献しているかを判断できます。知識を武器に、マーケターは、最強の収益を実現するための取り組みと投資を最適化することができます。

AppsFlyerを使用すれば、収益の測定は簡単です。
測定には、インストール後の収益イベントの定義付けが必要です。

01.

標準アプリ内購入イベント

アプリ内購入が行われるタイミングを知り、これらのユーザー獲得またはリエンゲージメントに成功したキャンペーンにこの収益を紐づけることで、購入イベントをより促すマーケティング施策へと最適化が可能です。

02.

リッチ購入イベント

収益の最適化を最大化するには、より深いレベルのデータが必要です。AppsFlyerは、マーケターが複数のパラメーターを用いた標準収益イベントの強化を可能にします。これらのリッチパラメーターは、購入されたことだけでなく、何が、どの価格で、どのユーザーによって購入されたかがレポートされます。

03.

広告収益のアトリビューション

AppsFlyerは、アプリ内広告収益の貢献度を、各インストールを発生させたチャネルとキャンペーンに戻って測定することができる、唯一のモバイルアトリビューションプラットフォームです。したがって、最適なROIをもたらす最強の合計モバイルLTVをユーザに提供するよう、キャンペーンを最適化することができます。

04.

有料アプリと定期契約アプリのためのカスタム収益イベント

アプリがこれらの収益モデルを使用する場合は、カスタムAppsFlyer収益イベントは、このタイプのアプリストア駆動型収益を測定します。収入源がより予測可能であるため、有料アプリと定期購読アプリのためのLTVモデリングは、多くの場合簡単です。

05.

外部アプリの収益イベント

アプリユーザーは、他のチャネル(オンラインとオフラインの両方)を介して購入を完了することが多々あるのが今日のオムニチャネルの現実です。アプリ外での収益はユーザーLTVを大幅に変更するとともに、測定されなければならない指標です。全てのパフォーマンスデータの同期を維持するために、マーケターは、アプリ外収益イベントを自社アプリのマーケティングデータに接続し、アプリのマーケティングデータをオムニチャネルビジネスアナリティクスプラットフォームに接続します。

詳細については、「オムニチャネルのアトリビューションと測定」に関する当社の専用ページを参照してください。

LTV計算でユーザー獲得とリターゲティングキャンペーンを分ける

AppsFlyerプラットフォームは、最初のインストールが発生してからどれだけ時間が経過しても、全ての収益イベントを最初のインストール源に紐づけます。デフォルトのリターゲティング(リエンゲージメント)アトリビューション期間(収益イベント用)は30日で、これは完全に好きなように設定可能です。

次の図を例に考えてみましょう:

ltvreportingillustration

この場合、リエンゲージメントキャンペーン(ユーザーがクリックしてアプリを開いた後)が成果と見なされます。LTV計算の場合、以下に基づいてユーザ獲得とリエンゲージメントの間に明確な区別があります。

ltvreportingchart

重複を防ぐために、マーケターは、「プライマリ」としてリエンゲージメント期間内に発生するすべてのイベントにマークを付けるだけで、重複排除機能を有効にすることができます。

What are you waiting for?
 Learn about AppsFlyer’s mobile attribution technology