Omni-Channel Marketing & Measurement | AppsFlyer

オムニチャネルアトリビューションと測定

モバイルソリューション

オムニチャネルエンゲージメントの測定とアトリビューション

ユーザーはオムニチャネルの世界に生きています。例えば、ある日、テレビでセールについて知り、小売店を訪れて商品をチェックし、ラップトップで価格を比較後、モバイルアプリで購入します。または、モバイルアプリの広告をデスクトップで見て、後でモバイルにインストールします。ユーザーは合理化され完全に統一されたユーザー体験を期待しています。そのためマーケターは、可能な限り点と点をつないで、カスタマーのクロスチャネル経路を測定・最適化する必要があります。

オムニチャネルの測定とアトリビューションは、急速に進化している分野です。AppsFlyerのプラットフォームと連携は、マーケターがアプリとアプリ外タッチポイント(モバイルウェブサイト、デスクトップウェブサイト、実店舗など)の間を埋めるのに役立ちます。マーケティングはサイロ化では実現しません。AppsFlyerは、オムニチャネルマーケティングのより幅広いコンテキストにおいて、マーケターがカスタマーとのモバイル接続やコミュニケーションを理解し改善できるよう最善を尽くします。

オムニチャネル測定が重要な理由

アプリとそれ以外の環境を接続することで、マーケターは以下が可能になります。

01.

モバイルアプリマーケティングとエンゲージメントが他のチャネルに与える影響を測定:アプリプロモーションキャンペーンが、実際に測定可能なアプリ外収益(店舗内購入など)をどのように牽引するか実証することによって、マーケターは、真の価値をより明確に示し、継続的な予算投資を正当化することができます。

02.

アプリユーザーの真のLTVを計算:これらのユーザーがデスクトップサイトや店舗でアイテムを購入すると、LTV(顧客生涯価値)は増加します。これらの接点を紐づけることで、マーケティングは、予想される[オムニチャネル]LTVに基づいて、十分に情報を得た上でマーケティングの意思決定を行うことができます。

03.

アプリユーザーの獲得やリエンゲージメントに成功したメディアソースによってもたらされる真の価値のアトリビューション:例えば、ユーザーがアプリでアイテム購入をした場合、このユーザーを獲得したアプリプロモーションキャンペーンとメディアソースは、この収益における功績を評価されるべきです(アトリビューション期間内に発生したと仮定した場合)。通常、LTVの計算では、生涯インストールアトリビューション期間と、30日リエンゲージメント期間が使われます(重複を防ぐために、リエンゲージメントアトリビューションを「プライマリ」と呼び、生涯インストールアトリビューションとの間の単純な重複排除を可能にします)。

04.

Attribute app installs across platforms. Whether this attribution is powered by deep integrations, such as our cross-platform Facebook attribution solution (which will attribute mobile app installs based on viewing or engaging with desktop ads), through our TV attribution solutions or OneLink powered QR codes in in-store signage, our omni-channel attribution solutions allow marketers to measure and optimize their non-mobile media based on their mobile app marketing performance.

点と点をつなぐ方法

他のチャネルをモバイルに接続

オムニチャネルアトリビューションと測定を設定する方法の1つは、当社のアプリ内イベントAPIを通じたサーバー間連携の設定です。このAPIによって、マーケターは、エンゲージメントが発生するたびに他のチャネルからAppsFlyerにエンゲージメントを自動送信できます。これによって、マーケターは、ユーザーがアプリに登録するとすぐに、AppsFlyerアトリビューションデータと自身の一意の識別子(メール、会員番号など)をマッチさせ統合させることができます。接続されたら、そのユーザーの外部アプリに記録されるあらゆるアクティビティが自動的に当社に送信されるため、マーケターは実際のLTVを計算できます。

以下の図はそのプロセスを示したものです:

omni_channel-ltv

連携パートナーシップを通じてモバイルを他のチャネルに紐づける

複数の強力なマーケティングチャネルとセールスチャネルを持つ多くのビジネスが、カスタマーアトリビューションとエンゲージメントデータを一元管理するためにIBM UBXのような第三者専用データプラットフォームに関心を示しています。当社のこの分野におけるリーディングベンダーとの事前設定された深い連携は、必要な柔軟性とインサイトをマーケターに提供し、ビジネスパフォーマンスのより幅広いコンテキストにおいてモバイルアトリビューションとマーケティング分析のフルパワーを解き放ちます。

What are you waiting for?
 Learn about AppsFlyer’s mobile attribution technology