リターゲティングアトリビューションとイネーブルメント

モバイル広告のリターゲティングは、ユーザーエンゲージメントと購入アクティビティを促すための最も効果的な方法の一つです。AppsFlyerのリターゲティングアトリビューションによって、広告主は、リターゲティングキャンペーンの測定と最適化、パフォーマンスや最終的な収益の最適化がより簡単になります。

リターゲティングの設定

AppsFlyerでのリターゲティングキャンペーンの設定は簡単です。まず、アプリの[リターゲティングを有効にする]をクリックします。次に、連携パートナーツールで、連携したいパートナーを選択して[リターゲティングを有効にする]をクリックします。または、トラッキングリンクに簡単なマクロを埋め込むこともできます。更新されたトラッキングリンクが自動的に生成されたら、設定は完了です。

AppsFlyerの密接なパートナー連携により、アプリ内イベントを簡単にパートナーと同期できます。同期したいアプリ内イベントを選択し、ネットワークの対応するアプリ内イベントとドロップダウンメニューで一致させるだけです。リターゲティングネットワークとアプリ内エンゲージメントを同期することで、ネットワークは、特定のユーザーやセグメントをターゲットに含めたり、ブロックしたりすることができます。これらの情報を手にすることで、ネットワークは最新のリアルタイムデータに基づいてリターゲティングキャンペーンを最適化できます。

ボーナス:リテンションレポートとコホートレポートを使用してユーザーを分析し、よりスマートなリターゲティングセグメントを構築することで、収益を向上させることができます。

リターゲティングの測定

リターゲティングキャンペーンの最適化はアートとも言えます。リターゲティングレポートはアプリマーケターが必要とするインサイトを提供します。どのリターゲティングキャンペーンがリエンゲージメントとリアトリビューションのどちらを推進したか、クリックとコンバージョン率、eCPI、収益額、アプリ内エンゲージメントなどを確認しましょう。すべてのAppsFlyerのアトリビューションと同様に、リターゲティングキャンペーンもまた、設定可能なカスタムアトリビューションルックバック期間を備えています。

世界最大のブランドとマーケターが、AppsFlyerのリターゲティングソリューションを利用し、アトリビューション 、測定、パフォーマンスの向上を行っています。

リターゲティングについてより詳しく学ぶには、以下の記事をご参照ください。