リターゲティングプロバイダーとの連携

リターゲティング

retargeting_networksリターゲティングキャンペーンは、リエンゲージメントキャンペーンとも呼ばれ、広告主が特定のエンゲージメントに特定ユーザーを導くことを可能にします。リターゲティングは、脱落したユーザーを復帰させたり、ユーザーの関心に合わせた特定オファーによるターゲティング、特定アクティビティの購入を最近完了したユーザーのさらなる販促、そして、アプリをアンインストールしたユーザーとのリエンゲージメントなどに活用できる素晴らしい方法です。リターゲティングキャンペーンは、特定のKPIに対して慎重に測定されます。

AppsFlyerの2,000社以上のパートナーの多くがリターゲティング機能を提供しています。リターゲティングネットワークを有効にするには、通常アプリにリターゲティング媒体のSDKを追加しなければなりません。ですが、AppsFlyerをお使いいただくと、AppsFlyerパートナー連携を通じてリッチアプリ内イベントをリターゲティングネットワークと共有するだけです。新たなSDKの追加が不要なので、マーケターはよりスマートかつ迅速に作業できます。

AppsFlyerのリターゲティングソリューションは、IDマッチングとアプリ内イベントの両方をベースにしたリターゲティングに対応しています。また、AppsFlyerのリアトリビューション向けアトリビューションルックバック期間は、デフォルトで30日ですが、広告主の皆さまがこのアトリビューションルックバック期間をカスタマイズできます。

詳細は、リターゲティングアトリビューションに関するヘルプセンターの記事をご確認ください。