Validation Rules | AppsFlyer

検証ルール

ターゲティングをしっかり適用

Sometimes your carefully planned targeting misses the mark. Your campaigns targeting the US ends up driving installs in India, or your ads targeting the iPhone 7 end up bringing installs on the iPhone 6. Validation Rules put you, the marketer, in the driver’s seat – blocking attribution for installs that don’t meet your defined targeting. There there are those times you need to customize your automated your fraud protection, such as when you’re entering a new market or running with a cost-effective but questionable ad network.

Enforce your campaign targeting and customize your fraud protection, with Validation Rules.

あっという間に設定が完了

検証ルールの設定は驚くほど簡単です。スクリーンに表示される段階的なガイドに従い、ご利用のパラメーターを設定するだけ。ルールセットのセットアップをお望みですか? 管理したいメディアソースやキャンペーン、ご希望のターゲティングを選択して、保存をクリックすれば完了です。あっという間です。

Setting up a Protect360 anti-fraud ruleset? Simply select which media sources, campaigns and GEOs in question, and set your desired click-to-install-time (CTIT) standards. Any traffic that doesn’t meet your standards will not be attributed.

拡張可能な構造

数多くのチームは、気付くと何十ものキャンペーンを同時に管理しています。検証ルールは拡大に対応した構造になっており、専用のルールセットを用いて、キャンペーンまたはネットワークパートナーごとにターゲティングを施行する能力を提供してくれるものです。検証ルールはいつでも定義または実行でき、その数に制限はありません。

Real-Time Editing

モバイルビジネスは、すばやく変わり続けます。検証ルールはすべて、リアルタイムで完全編集可能です。クリックひとつでご利用のルールセットの設定を変えられます。また、ルールセットの有効化、無効化もクリックひとつで切り替えられます。お客様が、いつでも全てコントロールできるのです。

Customize Protect360’s Automated Blocking With Validation Rules 

Increasingly, mobile marketers are including fraud parameters in their IOs and contractual agreements with networks. Marketers with access to Protect360 can easily configure their own custom CTIT distribution, automatically enforcing the fraud terms they defined in their IO.

 

Large Apps
Large apps typically have longer download times. Let’s say your Protect360 dashboard reports that your app takes at least 40 seconds to download. While other apps may be covered with a 5 second CTIT, your app needs a different, longer minimum CTIT. With Validation Rules, you can easily define a longer CTIT across all media sources, automatically blocking all invalid traffic.

 

Increase Protection For Questionable Sources

Running with an affiliate network for their low cost, but their performance looks too good to be true? Check out their performance in Protect360. If they have a shorter than normal CTIT, you can dial up your fraud protection by setting longer CTIT requirements for this particular network in Validation Rules.

 

Boost Protection In Troublesome GEOs

Facing some troublesome traffic in the parts of Asia, the US, Canada and UK? Protect yourself by setting stricter (longer) CTIT parameters in affected regions.

With Validation Rules, you can increase your fraud protection for targeted media sources, campaigns and GEOs. All blocked installs and resulting savings will be reported in Protect360, and raw data logs can be downloaded in Protect360.

連携済みネットワークに対する透明性

請求サイクルの終わりに行われる調整交渉は、関係者全員にとって頭が痛くなるものです。このプロセスを回避する一番の方法は、連携ネットワークパートナーと、リアルタイムで透明なレポートを維持すること。

連携パートナーはすべて、各自のメディアに適用される検証ルールすべてに対する、また、特定のルールを理由にアトリビューションが行われなかったインストールのログに対する完全なアクセス権限を持っています。さらに、拒否の理由が付属する、拒否されたアトリビューションポストバックもまた、連携ネットワークでリアルタイムに共有されます。

検証ルールでキャンペーンのコントロールを取り戻しましょう。

To learn more about Validation Rules, speak with your success manager or schedule a demo today.

What are you waiting for?
 Learn about AppsFlyer’s mobile attribution technology