2018年アプリリテンションのベンチマーク「データ調査」

アプリのリテンション率は収益化の基礎であり、すべてのモバイルマーケティング指標のうち最も重要な指標の1つです。アプリを使用して収益を生み出すロイヤルカスタマーがいなければ、利益を得ることはできず、将来のアプリの成長を見込むのは難しいでしょう。
ただし、ユーザーが大規模で、競争が激しく、要求が高いため、リテンションはマーケターにとって最大の悩みの種かもしれません。ユーザーをアプリに誘導して長期間維持することがどれほど難しいかを示しています。
こうした困難に対処するため、いくつかの主要な市場および業種での1日目、7日目、30日目のリテンションのベンチマークを分析して前年度との比較を行いました。以下のグラフをご覧ください。
対前年比のグラフから、他の指標でのアプリや地域のパフォーマンスに関係なく、リテンション率が低いようです。これはオーガニックユーザーにも当てはまり、特に30日目のリテンションが2016年から2018年にかけて5%しか増加せず停滞しています。オーガニックユーザーは引き続き予想通りの動きで、時間の経過とともにリテンションが若干高まるため、この一貫性を活用することをお勧めします。
良いニュースもあります。非オーガニックユーザーは、2019年の終わりに近づくほどロイヤルです。2016年から2018年にかけて 非オーガニックのリテンションは18〜20%上昇しており、アプリ全体では真にロイヤルで価値の高いユーザーの割合は低いという点を考慮すると注目に値します。
ただし、モバイルアプリの間では依然として移り気なユーザーが非常に一般的です。幸いにも、マーケターはリテンションの重要性を理解しているようで、ここで提供されているベンチマークとまったく同じようなベンチマークを使用して、最適化を行っていることがよくあります。
このレポートに含まれるその他の内容:
  • 主要マーケットの比較
  • 国別およびカテゴリー別の内訳
  • リテンションを最適化するための実践的なアクション項目
  • 平均値だけでなく上位を理解するため、対象地域・業界の中央値と上位10%のデータが含まれます!

 

詳細を下記に入力して、完全なレポートを入手してください