ゲームアプリマーケティング調査レポート 2020年版【データ調査】

ゲームアプリマーケティング調査レポート 2020年版 [データ調査]

ゲームは常にアプリマーケティングエコノミーの原動力となってきました。そして、2020年のコロナウイルスのパンデミックを機に、その状況は揺るぎないものになりました。

世界の多くの地域でロックダウンや自粛が実施され、ゲームアプリは、多くの時間を持て余す人々に利用されるようになり、インストール、使用、収益の面で大幅な上昇を経験しています。

レポートを読む

ジャンルごとに見ると、この全体的な成長はいくつかの重要なトレンドに支配されています。

まず、ほとんどのジャンルでアプリ内購入(IAP)による収益が増加しており、特にカジュアルゲームでの増加が顕著で51%増となりました。主に広告に重点を置いているカジュアルゲームですが、他のジャンルと同様に有料ユーザーによる利用が増加するのに伴い、 IAPによる収益の獲得に重点を置き始めていることがわかります。

これは、アプリ内購入に主な重点を置いてきたソーシャルカジノゲームが、広告収益で36%増となったことと対照的です。ユーザーがゲームをプレイしスクリーンタイムが増加したことで、ソーシャルカジノゲームは、広告アクティビティが減少するも、その残った広告をユーザーに見てもらう機会を捉え、収益を獲得しているようです。 

ゲーム業界全体で、プレイヤー行動の変化に合わせて複数の手法をブレンドしたマネタイズ戦略を始めていることが、このトレンドから伺えます。多くの人が自宅で時間を過ごすようになっていることを考えると、さまざまなジャンルのゲームをユーザーが探し求めるようになり、ゲームのマネタイズ手法もジャンルによって変化しているようです。

 

ジャンルごとの成長市場

インストール数と収益の成長という点で他のジャンルを圧倒し続けているハイパーカジュアルゲーム(英語) は、世界中で大旋風を巻き起こしています。ポートフォリオの多様化に伴い、ハイパーカジュアルゲームを主力としていないゲームスタジオが、ハイパーカジュアルゲームに力を入れ始めています。

成長が最も顕著なのは米国で、2019年から2020年の間に新規インストール数が656%という圧倒的な伸びを示しています。米国は、ハイパーカジュアルゲームにとって最大の市場であるだけでなく、最も急速に成長している市場でもあります。

東南アジア、ロシア、ブラジル、中国もハイパーカジュアルゲームが大きな成長を見せています。

下のヒートマップは、成熟市場と発展途上市場におけるハイパーカジュアルゲームの普及状況を示しています。また、このマップには、成長する市場にユーザー獲得予算の配分を調整したいと考えるマーケターに参考にしてもらいたいという意図があります。

 

レポート内容

ここで紹介するトレンドは氷山の一角に過ぎません。成長を続け競争が激化するゲームアプリのエコシステムで勝ち進んでいただくために、これまでで最も包括的なレポート「ゲームアプリマーケティング調査レポート 2020年版」を作成しました。

  • 非オーガニックインストール数の割合(ジャンル別)
  • 急成長している地域と、トップ10市場(ジャンル別)
  • アンインストール率(ジャンル別)
  • コロナウイルスの感染拡大による、アプリの利用状況、インストール、消費者支出へ の影響(ジャンル別)
  • 収益の前年比変化(ジャンル別)
  • アプリ内不正の脅威

 

調査レポートをお読みいただくには、次のフォームに情報を入力してください。