49Reads

2016年第2四半期 モバイル・マーケティング・ベンチマーク – 日本版 [データ調査]

eMarketerによれば今年のモバイル広告費が45億ドル、来年は60億ドルに達すると予測されている日本は、アジア最大のモバイル市場のひとつです。さらに、iOSのApp Storeで第三位の収益を生み出しています。

しかし、こうした成長は、アプリ開発者が、パイを狙って群がる同業他社との競争に打ち勝つためにかつてない厳しい課題に直面していることも意味しています。言うまでもありませんが、アプリ・マーケターが知っておくべき最も重要なKPIのひとつは、ユーザーの生涯価値(LTV)です。

当社の『日本のデータ調査』は、本年第2四半期のデータに基づいて、以下のようなアプリ・マーケティングの主なパフォーマンス・ベンチマークの詳細をお知らせしています。

  • AppsFlyerパフォーマンス・インデックス:日本版  日本で運用されている上位ネットワークをそのリテンション率とスケールに基づいてランキング
  • プラットフォーム別およびカテゴリ別のリテンション・ベンチマーク
  • プラットフォーム毎のアプリ別支出とゲーム・カテゴリの支出

[ulplocker id=”XQZpxxNxlGrBDLud”]

PDF版をダウンロード>>

[/ulplocker]