モバイル不正グローバル調査レポート [2019年上半期]

 

不正行為は数年前からモバイルマーケティングの分野で侵食を続けており、減速する兆候は見られません。この一か八かの軍拡競争において、悪意のある不正業者は、ますます大型化するモバイル広告予算や不正防止ソリューション、特にアトリビューションプラットフォーム上で戦いを仕掛けてきています。

不正行為への対策熱の高まりは、まさにそれらの攻撃が波に乗ってきていることを示唆しています。昨年の夏は特に、全面的なボット攻撃と驚くほど高い率の不正の横行が見られました。それ以来、不正防止ソリューションが進化し、不正率は一時的に減少しました。

しかし、ここ数カ月の間に9500個のアプリケーションの25億回のインストール数を分析した結果から、不正率が再び上昇していることが明らかになっています。一体、なぜ不正行為はまた増加の一途をたどっているのでしょうか?

最新の攻撃では、物理的なデバイスファームではなく、デバイスエミュレーター(自動化されたスクリプトでの拡張に制限なし)からの不正が多くみられます。つまり偽物というより、実際のSDKとアプリから攻撃が発生しているのです。たとえばエミュレータを使用して既存のSDKメッセージをコピーし、オープンソースのOSを偽装するといった手口が当てはまります。

このような状況を受けて、インストール後またはアトリビューション後の不正を特定できる、高度な不正防止技術の適用が新たに実現されました。

AppsFlyerが今回新たに発表した不正に関する包括的なレポート「State of Fraud」(モバイル不正グローバル調査レポート)では、不正の最新のトレンドと脅威をすべて網羅し、以下のような質問にお答えします。

  • アトリビューション後の不正の影響とは?
  • アプリ不正インストールの金融リスクとは?
  • 不正が最もヒットしているアプリ、地域、およびカテゴリはどこか?
  • 特にゲームのアプリ内での不正が増えている原因とは?

 

レポートの全文を閲覧するには、以下のフォームにご記入ください