リマーケティング効果計測のための完全なソリューション、インクリメンタリティをリリースしました

執筆者 Roy Yanai
リマーケティングのためのインクリメンタリティ|AppsFlyer

モバイルマーケティングはパラダイムシフトを迎えています。業界がマーケティング活動をより集約的に計測する方法に移行しているため、マーケティング担当者のマーケティング投資のインパクトを計測し、理解する能力はさらに低下しています。

私たちは傍観するつもりはなく、お客様とモバイルエコシステム全体がモバイルマーケティングの新時代を成功裏にナビゲートできるように支援することを目標にしています。

今日は、この目標を達成するためのもう一つのマイルストーンとなります。AppsFlyer のインクリメンタリティソリューションの発売を発表できることを大変嬉しく思っています。

 
 
 
 
 
Video Thumbnail
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2:29
 
1:17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

インクリメンタリティ(増分)計測とは何か、どのように機能するのか?

インクリメンタリティでは、マーケティングキャンペーンの結果としてどのコンバージョンが発生したかを計測することで、マーケティング活動の真の価値を判断することができ、それがなければ、どのコンバージョンが有機的に発生していたかを計測することができます。

特定のマーケティングチャネルやキャンペーンのインクリメンタルリフト(増分効果)を決定するために、ターゲットオーディエンスをテストグループとコントロールグループに無作為に分割し、両者間のバイアスを最小限に抑える実験が行われます。

コントロールグループがキャンペーンから除外されている間、テストグループは、通常、総視聴者の80〜85%で構成され、通常のキャンペーンにさらされ、広告を見ています。

How incrementality testing works AppsFlyer
Splitting audiences into ‘control’ and ‘test’ groups

オーディエンスを「コントロールグループ」と「テストグループ」に分割

このようにして、マーケティングキャンペーンやチャネルの増分効果を明らかにし、この特定の投資がなければ発生していたであろうエンゲージメントを計測することができます。

リマーケティングのためのインクリメンタリティ

AppsFlyerのインクリメンタリティソリューションは、リマーケティングを中心に構築されておりオーディエンスと完全に統合されているため、リマーケティングキャンペーンのインクリメンタルリフトテストの作成と管理のプロセスを合理化することができます。また、この統合により、テストグループとコントロールグループへの自動セグメンテーションが可能になり、グループ間に重複がないことを保証します。

インクリメンタリティ計測が簡単に

インクリメンタリティ・テストは長く複雑なプロセスであり、そのためテストの実施がうまくいかなかったり、その結果の解釈も粗末なものになりがちです。インクリメンタリティの計測には、知識、専門知識、そして正しい洞察が得られ、正しい意思決定がなされるようにするための堅牢なテスト環境が必要となるため、多くの課題があります。

そのため、これまでキャンペーン最適化のワークフローにインクリメンタルテストをうまく統合し、その強力なインサイトを活用できている企業はほとんどありませんでした。

インクリメンタリティのリリースにより、それはすべて変わろうとしています。

AppsFlyer のインクリメンタリティソリューションは、大規模なインクリメンタル・リフト・テストの設計、実施、分析のプロセスを簡素化します。マーケティング担当者は、テストに付随する重労働を心配することなく、テストの最終目標に集中することができます。

 
 
 
 
 
Video Thumbnail
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1:21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

テストして、学んで、成長して、繰り返す

AppsFlyerのインクリメンタリティ管理画面では、テスト結果を詳細に表示し、すべてのチャンネル、オーディエンス、クリエイティブについて、粒度の細かい分析とマクロレベルの分析の両方を行うことができます。

直感的でシンプルに使えるインターフェイスは、テストのさまざまな段階をより深く掘り下げることを促し、カスタマージャーニーの高度な分析にあまり詳しくない関係者も簡単に巻き込むことができます。

さらに高度な分析と深い洞察のために、完全で詳細なローデータレポートを提供しており、リアルタイムでAmazon S3バケットに直接送信することができます。

インクリメンタリティとアトリビューションが出会う場所

アトリビューションとインクリメンテーションは完全に独立した概念であり、より効果的なモバイルマーケティング戦略を達成するために互いに補完し合うものです。アトリビューションとインクリメンテーションは、キャンペーンのパフォーマンスと実際の価値の全体像を理解する上で、それぞれ別の機能を果たします。

インクリメンタリティは、アトリビューションから導き出された仮説を検証するために使用されます。

この市場初のソリューションにより、AppsFlyerは1つのプラットフォームで両方のソリューションを提供する唯一のアトリビューションプロバイダーです。

まだまだ始まったばかりです

業界がより集約的な未来へと移行する中、キャンペーン管理と最適化のための高度な洞察を提供するソリューションは、マーケターの意思決定プロセスにおいてより大きな役割を果たすことは必然的に予想されます。

AppsFlyerのインクリメンタリティソリューションは、大規模にリマーケティングキャンペーンや戦術をテストし、分析するためのフレームワークを提供することでイノベーションを促進します。

そして、これはまだ始まったばかりです。UA戦略のためのインクリメンタリティ計測に関連した新しい機能が今後追加される予定です。マーケティングスタック全体をシステム化して、目の前の課題に対応できるようにしていきます。

Roy Yanai

Roy Yanaiは、AppsFlyerの製品責任者です。過去4年間、データエクスチェンジやアナリティクスなど、AppsFlyerの様々な製品分野をリードしてきました。現在は、AppsFlyerのSKAdNetworkタスクフォースのプロダクトをリードしています。AppsFlyer以前は、Megoというeコマースの配送の痛みを解決するためのスタートアップでCEO兼製品責任者を務め、イスラエル最大のハッカソンであるHackIDCを設立しました。

あなた自身のサクセスストーリーを作る準備はできましたか?