Privacy Cloud

より良く安全なデジタル体験を実現

AppsFlyer Privacy Cloudは、エコシステムの連携とイノベーションを目指して構築されたオープンで信頼性の高いデータクリーンルーム環境で、優れたカスタマー体験とプライバシー保護の両方を実現します。

ユーザーレベルのデータに依存する時代は終わりました

エコシステムの連携はビジネスの拡大に欠かせません。ただ、プライバシーが重視される昨今、ユーザーレベルのデータ共有に依存するのはリスクをはらみ、ビジネスや顧客にとって正しい選択とは言えません。

データ連携の一歩先へと踏み出す

これからはプライバシーが保護された環境にパートナーのデータも集約し、共同分析が可能になります。

AppsFlyerのプライバシー保護

テクノロジー

AppsFlyer Privacy Cloudは、変化が著しいプライバシー保護分野でも最先端のテクノロジーを採用しています。

差分プライバシー

他者によるリバースエンジニアリングを回避するため、データに演算子の「ノイズ」を追加します。

Privacy Cloud: Data Clean Rooms

データクリーンルーム

ゼロトラスト環境でデータを連携する際、パートナーとのデータ境界にセーフゾーンを設けます。

Privacy Cloud: Aggregated conversion modeling

一括変換モデル(ACM)

コンバージョンのサブセットがユーザーレベルでアトリビューションできない場合、マーケティングキャンペーンに与える総合的な影響度を計測します。

お客様のニーズに合わせた

柔軟なコラボレーション

コラボレーションは信頼度や事業目的によって異なり、1つとして同じものはありません。そのためAppsFlyerでは、厳密なデータ管理と柔軟性、イノベーションのすべてを実現する、ユーザーが自由に設定可能なPrivacy Cloud アプリケーションを開発しました。

総合的なインサイトを活用し、カスタマー体験を最大限まで高める

AppsFlyer Privacy Cloudは他では手に入らないインサイトが得られます。豊富なデータソース、堅牢なモデリング、高度な分析により、業務上最適なマーケティング判断が常に下せます。

アトリビューション&分析

キャンペーンはすべてコンバージョンを可視化して分析します

予測分析

予測分析を実行し、アーリーインサイトで重要なイベントの成果を計測します

インクリメンタリティ

コントロールグループとテストグループとで実施中のキャンペーンのインクリメンタルリフトを分析します

不正に関するインサイト

詳細なインサイトを利用して、実際のコンバージョンとボットとを区別します

SKAdNetwork計測

CVR、ROI、CPI、ユーザーあたりの平均収益、ROAS(広告費回収率)、eCPAなど、SKANパフォーマンスKPIを可視化します

オーディエンスセグメンテーション

オーディエンスのセグメンテーションや管理、拡大とユーザーのプライバシー保護を両立します

Loading…

当社はIntelと提携し、Privacy Cloud を強化するエンドツーエンドの暗号化ソリューションを提供します

  • 当社はIntelと提携し、第3世代インテルXeonスケーラブルプラットフォームに内蔵されたインテル®Crypto Acceleration®の利用が可能になりました
  • T今回のパートナーシップで処理性能の大幅な高速化が実現するほか、準同型暗号(HE)やPrivate Set Intersection(PSI)など、Privacy Cloudのプライバシー保護暗号化技術を市場に投入するまでの期間の短縮が見込まれています

詳しく見る
Privacy Cloud: Cryptographic technologies

ぜひお客様自身でお確かめください

Loading…

「IntelはAppsFlyerとの連携により、プライバシー保護コンピューティングの未来に向けた第一歩を踏み出したところです。AppsFlyerのパートナーと顧客は今後、価値あるインサイトを得ると同時に、極めて高度なユーザープライバシーを維持できるでしょう」

よくある質問

AppsFlyer Privacy Cloudについて教えてください。

Privacy Cloudはセキュリティが確立され、管理が行き届いた環境であり、ブランドやパートナー、プラットフォームが所定のガイドラインや構成に従って各自のデータを持ち寄り、共同で分析することが可能です。結合したデータセットを演算して分析し、ユーザーレベルの個人データにアクセスせずにビジネスインサイトを導出できます。

AppsFlyer Privacy Cloudの主なメリットについて教えてください。

・セキュリティが確立されたデータクリーンルーム環境でパートナーと連携できます
・コンバージョンデータとインサイトでアトリビューションデータにセキュリティ上の盲点を作りません。他のアトリビューションソリューションにはない機能です
・アトリビューションデータでファーストパーティデータをエンリッチし、データクリーンルーム内のデータで補完します
・Privacy Cloud内で共有されているままの形で設定し、データ集約のレベルや粒度などで定義して、データを全面的に管理します
・独自に設定したビジネスロジックのほか、高プライバシー一括設定(AAP)、リフト計測(インクリメンタリティ)、オーディエンスのセグメンテーション、モバイル不正、SKAN計測、予測分析など、AppsFlyerのビジネスロジックも利用できます
・プライバシーに関するあらゆる規制、政策、ガイドラインに準拠しています

データアウトプットを網羅的に集約すると、なぜ有意義なインサイトが生成できるのですか?

ユーザーレベルのデータに依存したキャンペーンの最適化とリターゲティングは、もはや実用的なソリューションとは言えません。ユーザーのプライバシーを犠牲にし、データに重大なセキュリティの盲点が生まれます。業界内でプライバシー方針の転換があった今こそ、新たな手段を押し進めるべきです。データが以下の条件を満たす限り、集約されたデータから価値あるキャンペーンインサイトを引き出し、優れたマーケティング判断が可能になります。
・正確である
・完結している
・(データクリーンルーム内に格納された)ユーザーレベルのデータから生成している
こうしたご要望にPrivacy Cloudが的確にお応えします。ユーザーレベルのデータを取り込んで他のデータで補足し、お客様のビジネスロジックに基づき、要望にかなった総合的なインサイトを提示して、プライバシーを配慮した形でお客様のビジネス拡大に貢献します。

AppsFlyer Privacy CloudはAppleアプリストアやGoogle Playの利用規約に準拠していますか?

はい。Privacy Cloudは、複数のプラットフォームが定めたプライバシーに関するガイドラインに従って事前構成されています。事前構成済みの設定はAppleやGoogle(またはその他のプラットフォームやパートナー)のプライバシーに関する新たなガイドラインが発表になった都度更新し、常に最新の条件に準拠できるようになっています。

ユーザーレベルのデータがPrivacy Cloud外で共有されることがありますか?

ユーザーレベルのデータ共有が個別のパートナーやプラットフォームが定めるプライバシーに関するガイドライン、プライバシーに関する適用法、ユーザー同意書に基づき認められられた場合、共有可能になります。

AppsFlyerが他のデータクリーンルームソリューションと一線を画する点はどこですか?

・当社は100%公正で独立した企業です。企業として過去10年にわたる信頼、また当社の公正で中立的な位置付けが、9万超のアプリ、9,000超のパートナーを要する画期的なエコシステム構築に寄与しています。
・当社は常識を覆す業界屈指の高度なプライバシー保護ソリューションを開発してきました。当社は画期的な機械学習テクノロジー、規模、専門家としての実行力を投じて、エコシステムの新たなプライバシー基準を定義しています。
・アトリビューションや分析、エンリッチを経たデータからインサイトを生成することが当社ならではの専門技術です。当社はあらゆるチャネル、プラットフォーム、キャンペーンで用いられるデータセット形式の取り扱い方や、ユースケースやエッジケースに関するノウハウを持っています。
・予測分析、SKAN計測、オーディエンスのセグメンテーション、リフト計測(インクリメンタリティ)、不正に関するインサイト、高プライバシー一括設定(AAP)など、当社はPrivacy Cloudで利用できる多彩なプライバシー保護テクノロジーを提供します。
・当社は柔軟で設定可能なデータ連携を実現し、お客様のデータ、そのデータ上で実行するビジネスロジックを総合的かつ継続的に管理できるようにします。

よりスマートなマーケティングの決定は、より良いデータから