ありがとうございます!

Fraud protection solution by AppsFlyer
不正の防止と検知

モバイル広告不正から予算を保護

モバイル広告不正の防止と検知基準を定めたモバイル広告不正ソリューション、Protect360が、インストール前、インストール中、インストール後のあらゆる脅威に先制します。

進化し続ける脅威に対抗できる業界最高レベルの不正防止ソリューション

Fraud protection: Multi-layered protection

あらゆるリスクに備えた多層的な保護機能

モバイル広告不正の手口はさまざまで、しかも絶えず変化しています。お客様があらゆる脅威に先制できるよう、AppsFlyerはクラスター分析、パーソナライズされた検証規則、アプリ内不正規則、アトリビューション後の不正検知といった多層的でリアルタイムのアプローチを提供し、マーケティング予算を保護します。

Fraud protection: pay for real customers

高度なセンサー分析でボットを排除し、実際の顧客に予算を配分

進化した不正攻撃に対抗するには革新的な保護機能が必要です。AppsFlyerなら、何百というモバイルセンサーを一度に分析。本当の顧客を検知しボットと正確に区別できるため、広告予算を実際のコンバージョンに有効活用できます。

Fraud protection: Closed source sdk security

アプリ内不正とCPA(アクションあたりのコスト不正)を防止する高度な機能で予算を保護

アトリビューション不正の例はインストールだけではありません。アプリ内イベントやCPA(アクションあたりのコスト不正)もまた、不正攻撃の加害者にとっては魅力的な攻撃対象です。これらはまた別の収益を生み、不正インストールを正当化できる手段でもあるからです。高度なアプリ内&CPA不正防止機能を備えたProtect360なら不正データをより深く分析し、進化したこれらの脅威の検知と防止に役立ちます。

Fraud protection: explore new channels and partners

新たなチャネルやパートナーの開拓も安心

高いパフォーマンスが見込まれるチャネルがあっても、不正攻撃の脅威を恐れて参入をためらうアプリは少なくありません。新規メディアの開拓に際して、Protect360なら現在および新たなタイプの不正への保険となるため、お客様は予算の安全を確保しながらコンバージョンの最大化に集中できます。

Loading…
PSafe dark logo - AppsFlyer customer

”Protect360を利用することで、ユーザーの質が大きく変化しました。実際のユーザーのものと確認されたインストールにだけ支払いをすればよくなったのです。大きな時間削減にもつながり、アプリの成長に注力できるようになりました。”

”Protect360の導入により、不正行為が発生した場合も適切に対処できるという自信がつきました。今では適切なレポートを引き出してブロックされた内容をより詳細に調べることで、疑わしいソースを検出して処理する術も把握しています。”

主な機能

進化し続ける脅威に対抗するには、包括的な不正対策ソリューションが必要です。不正の検知と防止をリアルタイムで遂行するProtect360で、お客様のマーケティング予算を安全に保護する方法をご紹介します。

Protect360の管理画面

アカウント内の不正なアクティビティ、想定節約コスト、ポストアトリビューション不正率、メディアパートナーの計測値を詳細に表示できます。

異常検知

異常な行動パターンをパートナーの行動傾向と比較して詳細に分析することで不正を特定します。

ローデータレポート

Protect360で計測された不正行為のあらゆるローデータにアクセスし、スライス&ダイス分析を行うことでよりスマートな意思決定が行えます。

アプリ内不正の高度な検知

アプリインストール後のアトリビューションも含めて独自の不正検知ルールを適用し、アプリ内やCPAの不正イベントを特定してブロックします。

ポストアトリビューション不正検知

不正のパターンを自動識別して不正の論拠を確立することで、アトリビューション後の不正なインストールを阻止できます。

メディアパートナーの透明性

連携が容易なAPIとポストバックを通して、メディアパートナーとのオープンで透明性の高いコミュニケーションを維持します。

よくある質問

どのようなタイプのモバイル広告不正から保護できますか?

AppsFlyerのProtect360はインストールハイジャック、クリック洪水、デバイスファーム、ボットを含む、あらゆる一般的なタイプのモバイル広告不正からお客様のキャンペーン活動を保護できます。また新しいタイプの不正が出現した場合も、当社の規模と高度な機械学習機能を活かしてそれらを検知し、ブロックできます。

ポストアトリビューション不正検知にどのように対応しますか?

他の不正ソリューションとは異なり、Protect360はインストール後に特定されたパターンをもとに、不正なアクティビティを遡って防止します。インストール数が一定の規模に達した時点でそのパターンは不正に分類され、以降のインストールは不正とみなされるようになります。

CPAキャンペーンを実施していれば不正防止は不要ですか?

残念ながら、答えは「いいえ」です。CPAはかつて有効な不正防止ソリューションとされていましたが、もはやCPAでは十分ではありません。CPAキャンペーンは不正集団にとって付加的な収益機会であり、「質の高い」メディアソースを装える手段にもなるため、格好の標的となっています。CPAキャンペーンを実施している場合は、Protect360で対策されることをおすすめします。

Protect360はSDKスプーフィングからの保護を提供していますか?

はい。他のアトリビューションプロバイダーがSDKインフラストラクチャにオープンソースの技術を使用(ハッカーのリバースエンジニアリングに対して脆弱)しているのに対して、AppsflyerではSDKインフラストラクチャにクローズドソースを使用し、コードを暗号化しています。これによってリバースエンジニアリングやハッキングは実質不可能といえる最高のセキュリティを実現しています。

モバイル広告不正から予算を保護しましょう