ありがとうございます!

Audience segmentation solution by AppsFlyer
オーディエンスセグメンテーション

効果的なメッセージでエンゲージメントを向上

オーディエンスソリューションでは、一人ひとりの顧客を引き付ける「対話」につながるインサイトと柔軟性を獲得し、プライバシーを保護しながらエンゲージメントを高めることができます。

オーディエンスのセグメンテーション、管理、拡大のすべてを実現する一元的な管理画面

Audience segmentation: Send the right message to the right audience

常に適切なメッセージを適切なオーディエンスに配信

リマーケティングキャンペーンでは、どうすればオーディエンスに効果的にリーチできるかが課題となることがあります。AppsFlyerのセグメンテーションツールならオーディエンスの重複を明確に可視化できるため、同じメッセージや矛盾するメッセージの配信を回避。これによって予算を最適化しながら、優れた体験をユーザーに提供できます。

Audience segmentation: incremental lift

インクリメンタル計測でキャンペーンの効果を正確に把握

リマーケティングを最適化するには、エンゲージメントが有料広告の効果かオーガニックによるものかを区別できなければなりません。AppsFlyerのインクリメンタリティソリューションを使えば、A/Bテストで正確なインクリメンタルリフトを計測。リマーケティングの実際の効果を完全に可視化できます。

audience segmentation: leverage data

あらゆるソースのデータを使ったより効果的なリマーケティングキャンペーン

リマーケティングキャンペーンのセグメンテーションが正確なほど、パフォーマンスは向上します。BIやCRM追加属性を含めたユーザーデータをすべて1か所で活用することで、よりコンテキストに沿った適切な体験を顧客に提供できます。

Loading…
ibotta dark logo - AppsFlyer customer

”私は1人でチームを運営しています。AppsFlyerのAudiencesのおかげで立ち上げから運用までのタイムラインを迅速に処理できるようになりました。リターゲティングプログラムの拡大に重点を置いた2か月で、チームやリソースの規模を変えずにマーケティング費用を2倍に伸ばすことができました。”

”AppsFlyerのおかげで、スマートでダイナミックかつ、ターゲットを絞ったオーディエンスセグメントを構築し、ユーザー獲得とリエンゲージメント、さらに収益も劇的に改善することができました。SKUレベルまで粒度の細かいセグメンテーションができたため、アンインストール済みユーザーへのリエンゲージメントやブランド体験全体の向上に大いに役立ちました。”

”新しいリマーケティング戦略の立ち上げは、必ずしも予想通りに進むわけではありません。しかし私たちはAppsFlyerのセグメンテーション機能と多数の連携パートナーを活用できました。おかげでオーディエンスの構築からセグメンテーション、連携、最適化までを1つの場所ではるかに容易に実行でき、確実なコントロールと効果的な予算編成を実現しました。”

主な機能

リマーケティングの効果を高める鍵は、オーディエンスに関する明確なインサイトです。常にユーザーのプライバシーに配慮した適切なメッセージを作成し、エンゲージメントを促進する方法をご紹介します。

オーディエンスメトリクス

オーディエンスの各セグメントに関連するKPIを分析することで、詳細なインサイトを引き出せます。

インクリメンタリティテスト

高度なA/Bテストにより、リマーケティング戦略の実際の効果を把握できます。

クロスデバイスセグメンテーション

顧客が複数デバイス全体でどう携わっているかをもとにオーディエンスのセグメンテーションを実施できます。

ユーザー属性

ユーザーから直接提供された静的または動的な特性を利用して、オーディエンスのセグメントテーションを行います。

除外リスト

新規ネットワークの立ち上げ時に既存ユーザーを除外することで、ユーザー獲得コストを抑えられます。

ワンクリックであらゆる
パートナーと連携

広範にわたって構築されたAPI連携により、迅速かつ簡単にパートナーと同期できます。

Audiences - Integrations

よくある質問

オーディエンスは自動的に更新されますか?

はい。各セグメントは一度定義していただければ、その後も都度最新に保たれます。

セグメントはパートナーのメディアソースに自動的に同期されますか?

はい。AppsFlyerのAudiencesでは自動プロセスにより各セグメントを1つ以上のメディアソースに同期できるため、手動で同期していただく必要はありません。

オーディエンスセグメンテーションの効果を計測するにはどうすればいいですか?

オーディエンスメトリクスを用いれば、各オーディエンスのパフォーマンスとともに、もっとも重要なKPIを計測できます。また、インクリメンタルリフト計測によりリマーケティングキャンペーンの効果を把握できます。

効果的なメッセージでエンゲージメントを向上させましょう