アプリマーケティングにおける広告クリエイティブの現状 – 2024年度版

ご協力いただいた企業様:
1

主な調査結果

クリエイティブ全体のうち2%に予算の68%が投入されている アプリのクリエイティブバリエーションうちのわずか2%が予算の68%を占めている一方、支出のほぼ90%が広告全体のわずか10%に費やされています。
ソーシャルメディアではUGCを使用した非ゲームの広告のIPMが22%高い UGCは、非ゲームのアプリ(+22%)とゲームアプリ(+12%)の両方において、ソーシャルメディアネットワークのネイティブ環境で最も効果を発揮します。非ゲームでは、実写映像がアニメーション広告よりも15%優れた成果を示しています。
ソーシャルメディア以外ではUGCなしのゲーム広告のIPMが20%高い UGCを使用しない場合、ゲームクリエイティブのIPMは20%高くなりました。アニメーション広告では、実写映像を使用したクリエイティブよりも26%高いIPMが達成されました。
ハイパーカジュアルゲームがアドネットワークで48 IPMを達成 ゲームのジャンルは、クリエイティブで注目を集めてダウンロードを促進することで成功を収め、アドネットワークで47.6 IPM(1,000インプレッションあたりの生成インストール数)を達成しました。一方、RPGゲームは3.1 IPMという穏当な結果になりました。
シーンタイプを組み合わせた広告の30日目のリテンションは6% UGC、ゲームプレイ、アニメーション、実写映像を組み合わせたアドネットワークのビデオゲーム広告では、30日目のリテンションが6%でした。
長尺の動画広告が30%高いリテンションを達成 15秒より長いゲームの動画広告は、ソーシャルプラットフォームでの30日目のリテンション率が30%高くなってしました。
2

はじめに

AIを駆使して勝つ:2024年の広告クリエイティブ

データサンプル *

22万点のクリエイティブ AppsFlyerのAI **が分析したクリエイティブのバリエーション点数
2,000のアプリ カテゴリーは、ゲームと非ゲーム両方が対象
7億2,000万回 分析したクリエイティブが促進した非オーガニックインストール

*すべての結果は、完全に匿名かつ集計されたデータに基づいています。統計的検証を確実にするため、厳格なボリュームしきい値と方法論に従い、下記の条件が満たされた場合のみデータを集計の対象としています。

**全てのデータはAppsFlyerのAIを活用したクリエイティブ最適化ソリューションより集計したもので、対象はクリエイティブ1件あたりの広告費が月間50ドル以上である、22万点のクリエイティブです。

「強力なクリエイティブは確実に注目を集め、エンゲージメントを促進するため、キャンペーンの成功に欠かせません。しかし、優れたアイデアには計画が必要です。ブランドのオリジナリティを考慮しながら、コンテンツ制作を戦略と連携させることが重要です。この連携を強化することは、マーケティングキャンペーンマネージャーとクリエイティブチームのコラボレーションを促進することにもなります。」

Dana Shaviv氏
UA テクニカルリード – ソーシャル
3

トップトレンド

50種類のバリエーションの追跡:成功する広告を見つける

クリエイティブバリエーションの比率ごとの広告費の割合


IPMの方程式:エンゲージメント対コスト

カテゴリおよびメディアタイプ別のIPM


少数の広告に注目が集中

クリエイティブバリエーションの比率ごとのIPMの分布


CPI:量と価値のバランス

アドネットワーク上の動画広告のCPI(米ドル)

ゲームのグループ分けは、以下のジャンルを組み合わせたものです: カジュアル: パズル、パーティ、アクション、マッチ、シミュレーション、テーブルトップ、キッズ I ハイパーカジュアル: ハイパーカジュアル I カジノ: ミッドコア: シューティング、ストラテジー、RPG I Sports & Racing: スポーツ, レーシング

データをダウンロードしましょう: 国、カテゴリ、プラットフォーム、メディアタイプ、広告タイプ別のCPI(インストールあたりの広告コスト) *を一覧でご覧いただけます。

ゲームのグループ分けは、以下のジャンルを組み合わせたものです: カジュアル: パズル、パーティ、アクション、マッチ、シミュレーション、テーブルトップ、キッズ I ハイパーカジュアル: ハイパーカジュアル I カジノ: ミッドコア: シューティング、ストラテジー、RPG I Sports & Racing: スポーツ, レーシング

シーンの成功はコンテキストに大きく左右される

メディアタイプ別のゲームのIPM:AIを活用したシーンの内訳

シーンタイプの例
UGC by Buff
アニメ by Lucky Buddies
ゲームプレイ by Buff

「革新的なストーリーテリングツールもオートメーション(自動化)が進み、ユーザー生成コンテンツ(UGC)に革命をもたらしています。クリエイターたちは自動吹替ツールなどを導入し始めており、ポップカルチャーに新たな波が押し寄せています。」

Liraz Dvora氏
Head of Creative, Global Gaming

特定のシーンの組み合わせが高いパフォーマンスを発揮

メディアタイプ別のIPM:AIを活用したシーンの組み合わせの内訳

組み合わせシーンの例
UGC & ゲームプレイ by Buff
実写, アニメ & ゲームプレイ by Lucky Buddies
UGC, アニメ & ゲームプレイ by Buff

データをダウンロードしましょう: 国別IPM(1,000インプレッション・シーン)あたりのインストール数



印象に残る広告:リテンションの公式

ゲームと非ゲームのメディアタイプ別30日目リテンション率: AIによるシーン分析

メディアタイプ別30日目リテンション率: AIによるシーン分析

データをダウンロードしましょう:国別30日目のリテンション率 – シーンタイプ、組み合わせ


15秒以上の動画はソーシャルメディアでより効果的

動画広告の長さごとの30日目のリテンション率:AIによるシーン分析

4

専門家のコーナー

Head of Creative, Global GamingのLiraz Dvora氏とQ&Aコーナー

2024年のクリエイティブプロセスを支配すると思われるトレンドトップ3は何ですか?

ユーザーエンゲージメントの発展:2024年はダイナミックなユーザーインタラクションが一つのトレンドになると予測しています。ショッパブル動画はクリックしただけでブラウジングを購買へと推移させ、生配信では視聴者とのリアルタイムなエンゲージメントなど新たな参加基準が生まれています。AIにより、コンテンツはよりお客様の好みにカスタマイズされ、信憑性とパーソナライゼーションを柱に、コンテンツと視聴者のつながりがより深まることでしょう。

最前線のクリエイターたち:今年も世界中のクリエイターたちが示す影響力と多様性に注目が集まっています。ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)によると、2027年までに影響力は4800億ドルに達する可能性があると伝えられています。ストーリーがありさえすれば、誰もがオーディエンスを獲得できます。アクセスしやすいツールによって、誰もがプロ品質のコンテンツを作成できるようになりました。影響力は今やフォロワー数を超え、マイクロインフルエンサーが本物のつながりを通じてコミュニティに影響を与えています。

数々の自動化ツール:タスクを効率化するだけでなく、アイデアの創出を促進します。自動化ツールの導入は、クリエイティブのワークフローを変革しています。
マッキンゼーによると、現在、企業の3分の1がこの種のツールをプロセスに取り入れており、クリエイティブなリソースとしての重要性が強調されています。

今年、自動化が最もインパクトのあるクリエイティブプロセスとは何を指すのでしょうか?

まず第一に、自動化により、かつて手間と時間のかかっていた作業が大幅に変化する可能性があります。つまり、クリエイティブの最適化が新たな段階に進化するでしょう。

自動化により、人間の能力を遥かに超える何千ものクリエイティブを分析することが可能となります。これにより、主要なパフォーマンス指標に合わせて、さまざまなチャネルでコンテンツを最適化することができます。

さらに、自動化は、革新的なストーリーテリングツールを用いて普段のユーザーに活力を与えることで、ユーザー生成コンテンツ(UGC)に革命をもたらしています。クリエイターは自動化されたナレーションツールをますます採用し、ポップカルチャーに新たな波を起こそうとしています。

クリエイティブプロセスで自動化を利用する場合、マーケティング担当者は何に注意すべきでしょうか?

AIはクリエイティブの効率性と革新性を高める一方で、いくつかの「注意すべき」領域があります 自動化はクリエイティブプロセスの効率を高める一方で、以下に挙げた注意深く管理しなければならない課題も伴います:

人間味の喪失: 自動化されすぎたコンテンツは、感情的な深みに欠けることがあります。文化に沿ったにリアルさを失わせず、ふさわしい感覚を得るためには、人間的な要素を残すことが重要です。

自動化への過度の依存: 自動化に頼りすぎると、クリエイティブな発想が制限され、似たり寄ったりで革新性に欠けるコンテンツになってしまいます。自動化は便利なツールですが、私たちのクリエイティブプロセスを置き換えるのではなく、サポートする立場として認識する必要があります。

簡単に言えば、自動化をクリエイティブに効果的に利用するには、自動化の利点を活用することと、クリエイティブや文化に対する理解適切なバランスを維持することが重要です。

"縦型ショート動画"広告フォーマットにおいて、クリエイティブを勝たせるポイントは何だと思いますか?

縦型ショート動画広告フォーマットで優れた広告を出すには、最初の2秒間で視聴者の注意を完全に引きつけることが重要です。そのためには、ビジュアルとオーディオの両方の要素を効果的に組み合わせた魅力的なフックを作る必要があります。ユーザーはすぐにコンテンツをスキップしてしまう傾向があるため、直感的にエンゲージメントを持たせることが重要です。

縦型ショート動画 広告は注目を集めるだけでなく、ファネル上部と下部の指標のバランスを取るパフォーマンスを提供します。勝ちクリエイティブは、最もインパクトを促進するクリエイティブやゲーム要素を使用しながら、プラットフォームの利点や言語を利用することで、ファネル上部の指標と下部の指標のバランスを取ります。

ファネル上部の指標だけを見れば、クリエイティブが魅力的かどうかが分かりますが、ファネル下部の指標を見れば、クリエイティブが関連するオーディエンスをどれほど惹きつけているのか測ることができます。

例えばRPGでは、キャラクターのレベルアップが重要な要素であり、プレイヤーを引き込む大きな鍵となります。そのため、アドネットワークでは、クリエイティブの焦点は実際のゲームプレイの紹介が効果的と考えられると思います。一方、ショート動画プラットフォームでは、クリエイターがキャラクターの成長や進化させる楽しみを強調することが重要であり、異なる興奮を引き起こすことができます。視聴者がゲームのハイライトに対する反応を共有することで、広告の効果はより上がります。印象的なキャラクターや魅力的なギアを取り上げることで、継続的に関与するプレイヤーを引き付けるサポートができます。

TikTokではトレンドの移り変わりがとても速いです。最新のトレンドをいち早く察知し、乗り遅れないよにするにはどうすればいいでしょうか?

TikTokの最新トレンドを効果的に把握し、活用するには、プラットフォーム上で積極的に参加することが不可欠です。このアプローチにより、TikTokのトレンドと動向を深く理解し、コミュニティと効果的にコミュニケーションを図ることができます。

同様に重要なのは、一時的なトレンドを見極める能力です。長期的なトレンドを把握することで、ブランドに関連するインサイトやクリエイティブな機会を見出すことができます。

ゲームがより広い文化においてますます影響力を持つようになるにつれ、私たちのプラットフォームを形成するマクロトレンドを実現する重要な原動力として、#GamingOnTikTokコミュニティをフォローすることをおすすめいたします。

TikTokの革新的なゲームブランドは、ファンの共感を呼ぶ、トレンドに沿ったエキサイティングなコンテンツを制作しています。ファンのニーズや文化を理解することが、今日のビジネスの成功に不可欠であることを示しています。
  
Bytro LabsのTikTokキャンペーン成功例をご紹介いたします。このキャンペーンでは、クリエイターにエンゲージメントと最新トレンドを組み合わせたコンテンツを制作を依頼し、ゲームプレイを下部に、クリエイターのリアクションを上部に表示するスプリットスクリーンモードの動画をフィーチャーし、没入型エンゲージメントとUGCというプラットフォームのトレンドに沿ったクリエイティブを展開しました。ドイツを皮切りにグローバルにビジネスを展開する同社は、一貫したグローバルブランドを維持しながら、現地の文化に合わせた広告を発信しています。トレンドや文化的なニュアンスに合わせるこの戦略により、ROAS(広告費用対効果)が大幅に向上しました。

Spark Adsと従来のアプリインストールキャンペーン比較:クリエイティブの観点からどうアプローチすべきでしょうか?

Spark Adsと従来のインフィード広告の両方が連携し、お互いを補完しながら、コアメッセージを効果的に強調する必要があります。どちらの広告キャンペーンタイプも、「TikTokファースト」なコンテンツを提供し、プラットフォーム独自の文化と共感しながら、異なる利点を持っています。

クラシックなスタイルの広告では、視聴者の関心を引きつけるフックや、簡潔でTikTokスタイルのテキスト、魅力的なゲームプレイ映像など、クリエイティブのベストプラクティスを重視することで、迅速に注目を集め、アプリのインストールにつながる興味を喚起します。たとえば、「このゲームで必ず試してほしい3つの機能」を提示し、その後にこれらの機能やゲームプレイを紹介することで、視聴者を視覚的に引き込みます。

Spark Adsは、クリエイターやブランドの信頼性や信憑性を高める広告形態です。クリエイターが自身の実体験を共有することで、個人レベルでつながりを生み出すことが可能です。例えば、あるクリエイターがお気に入りのゲーム機能を紹介し、フォロワーに探検や反応を促すことができます。また、ブランドもSpark Adsをコミュニティとの関わりに活用し、好みの機能に関するフィードバックを求めることで、アプローチを洗練させることができます。これは広告をよりパーソナライズし、エンゲージメントを高める戦略です。

Spark Adsと従来のインフィード広告の両方が、興味を引き付けてアプリインストールを促進することを目指していますが、Spark Adsは感情に訴える要素や個人的な証言、コミュニティとのインタラクションを取り入れることで、戦略をさらに拡張しています。

両方の広告形態を組み合わせることで、キャンペーンは魅力的なコンテンツで注目を集めつつ、信憑性とエンゲージメントを通じて視聴者とのつながりを深め、TikTokでの広告活動全体のインパクトを最大化することができます。



UA テクニカルリード – ソーシャル、Dana Shaviv氏とQ&Aコーナー

クリエイティブチームの構成と、ユーザー獲得チームとどのようにコラボレーションについて教えてください。

デザイナーや戦略プランナーを含むクリエイティブチームは、ユーザー獲得チームと常に協力し、インパクトのあるコンテンツを制作してくれます。コラボレーションは、定期的な情報交換によって推進されています。

UAチームは、クリエイティブの方向性とユーザーの共感を確実に一致させるためのデータやインサイトを収集しています。私たちは継続的にミーティングや調整を行い、データを元に成功したクリエイティブや失敗したクリエイティブについて議論します。

この双方向のやり取りは極めて重要です。UAチームは、クリエイティブチームから業界のトレンドやクリエイティブの方向性に関する最新情報を入手し、クリエイティブチームはUAチームから具体的なキャンペーンの成功や失敗について情報を得ます。両チームにとってこの情報交換は、パフォーマンスのギャップを分析し、改善策をブレストするなど、アイデアの発想プロセスにとって非常に重要です。

このコラボレーションに必要な準備は、既存のクリエイティブの復習、ブレーンストーミングセッションのスケジュール立て、効率的に進めるためのタスクの優先順位付けなどが欠かせません。

AIは多くの価値を提供しますが、クリエイティブプロセスでAIを活用する際に留意すべき「注意点」は何でしょうか?

クリエイティブプロセスにおいて、AIは短縮された制作期間を実現する貴重なツールである一方、クリエイティブの減少や人間らしいタッチの不在などの要素を考慮する必要があります。

AIはコンテンツ制作の効率化に役立つ一方、その過度な使用は均質化をもたらすリスクがあります。人間のクリエイターが持つ独自の声や視点、革新的なアイデアを阻害する可能性があります。

AIによる生産性向上は強力なツールである一方、クリエイティブを犠牲にしてはなりません。人間の直感は依然として重要であり、そのひらめきこそが、オリジナリティを求める消費者の心に真に響くコンテンツを生み出します。

どういった指標をどの程度の細かい粒度で計測し、最適化に努めていますか?

私たちのチームのクリエイティブ最適化に対するアプローチは、データを詳細に分析し、インサイトと機会を明らかにすることから始まります。特定の目標に合わせて様々な指標を分析し、最初はファネル上部のメトリクスに焦点を当て、高いパフォーマンスを発揮するクリエイティブを特定します。これは、望ましいコンバージョン(例:アプリのインストール)を促進するクリエイティブを優先することを意味します。アプリインストールなどのコンバージョンを促進するクリエイティブを優先することで、ファネル全体を通してインプレッション、ビュー、クリック、インストール、プレイレートをトラッキングし、どのクリエイティブがユーザーの注目を集め、行動を起こさせるかを知ることができます。

ユーザーエンゲージメントコンセプトを確立したら、より深いファネルメトリクスの最適化に焦点を移します。目的は、ユーザーによるゲーム機能への興味を高めし、最適なゲーム体験を保証することです。これには、ユーザーエンゲージメントと満足度を測る追加メトリクスを監視することも含まれます。

このプロセスを通じて、収益とリテンションのKPIに焦点を当てます。これにより、私の最適化の取り組みは、長期的な価値を創出し、適切なターゲットオーディエンスを引き付けることを確実にします。

2024年にはどの広告フォーマット(動画、バナー、プレイアブルなど)が有効だと思いますか?

ソーシャルユーザー獲得において、動画は依然として圧倒的な力を持っています。エンゲージメントと動画を先送りにする指をを止める動画は、成果を促進する能力が証明されているため、今後も最前線であり続けるでしょう。

しかし、プラットフォームのダイナミックさや新たなトレンドは常に変化しており、柔軟なアプローチが求められます。機敏に行動し、進化する戦略を持つことが不可欠です。

一歩先を行くには、柔軟性を優先し、新しい広告フォーマットを模索する必要もあると考えています。多様化が鍵であり、さまざまなフォーマットを体験することで、キャンペーンを適応させ、最適化して最大のインパクトを得ることができるのではと思っています。

クリエイティブに関して、他にヒントや戦略があれば教えてください。

私は、強力なクリエイティブは、成功するソーシャルメディアキャンペーンに欠かせないと日々強く思っています。正しいクリエイティブはちゃんと注目を集め、エンゲージメントを促進します。しかし、優れたアイデアには計画が必要です。トレンドやブランドのオリジナリティを考慮し、ソーシャルメディア戦略とコンテンツ制作を整合させることが不可欠です。

このアプローチ/コラボレーションはまた、マーケティングキャンペーンマネージャーとクリエイティブチームの間の共生関係とより多くのコラボレーションを促進します。この双方向のバランスの取れた関係により、ブレーンストーミングやフィードバックが可能になり、最終的にインパクトのあるキャンペーンが実現するのです。
5

重要なポイント

Background
正しい意思決定を可能にするデータに今すぐアクセス