ありがとうございます!

モバイル広告不正グローバル調査レポート 2021年版

ssson

モバイル広告不正はモバイル広告業界で常に取りざたされる問題です。

モバイルが一躍脚光を浴びるチャネルになると、モバイル広告の収益はここ10年で(英語)ほぼゼロに等しい状態から、デスクトップ広告の倍近くにまで上昇しました。

副次的業界がこうした世界的な成長トレンドの恩恵に浴する一方、増加傾向にある広告予算を手に入れようと、不正集団が巧妙な手口で入り込もうとしています。

彼らが狙う広告予算は市場の変化やグローバルイベントに左右されます。モバイルアプリ経済に根強く残る懸念材料である不正行為にもその影響は及びます。

22021年はこうした社会の変容を数多くはらむ、波瀾の1年でした。2022年を間近に控えた今、この1年に起こった出来事を振り返ってみましょう。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大で市場全体が隔離期間に入り、海外への渡航制限や経済不安が一部の業界の広告業務に大打撃を与える中、新しい現実の波に乗り、大幅に収益を向上させた業界もあります。

利益になる分野に不正行為が集まるのなら、これまで広告出稿が盛んだった分野から新興分野へのシフトは本当にあったのでしょうか?

2021年はAppleがATTポップアップ(英語)による機能制限を導入するなどの大きな変動があり、世界最大級のオペレーティングシステムに展開するゲーム広告事業は打撃を受けました。

IDFAの制限とSKAdNetworkの導入(英語)により、ゲーム広告では個人の識別子が効率よく利用できなくなり、プライバシー中心の広告時代が始まりました。

この新しい計測プロトコルの登場で、iOSでの広告はあっという間に複雑化し、情報量が減り、プライバシーを重視する方法へと大きく舵を取ったため、マーケターがキャンペーンを管理し、最適化する手段が変わりました。

  • モバイル広告不正がSKAdNetworkに与える影響とは?
  • SKAdNetworkは不正集団の行為にプラス、マイナス、どちらの影響を与える?
  • モバイル広告不正の影響が深刻な国とは?
  • 2021年に話題となったモバイル広告の不正な手口とは?

モバイル広告不正に関する最新のインサイトを手に入れ、2022年に向けた足固めを行いましょう。

最新のマーケティングニュースや専門家のインサイトをメールでお届けいたします